オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2013.01.22 [Tue] + Art/Design +
エル・グレコ展@東京都美術館

エル・グレコ El Greco
1541-1614 | スペイン(ギリシャ) | マニエリスム


イタリア(ヴェネツィア・ローマ等)やスペインで活躍したマニエリスム最後にして最大の画家。出生はギリシャ クレタ島。そこでビザンティン様式を取得した後、イタリアに渡り約10年間、ティツィアーノなどのヴェネツィア派の色彩やミケランジェロの量体表現、パルミジャニーノなどマニエリスムの先駆者の作品から、引き伸ばされた人体比率を学ぶ。イタリア滞在時は報酬などでの金銭トラブルが絶えず、生活ができないほど貧しい暮らしを強いられた。1576年頃スペインへ渡り宮廷画家を志すが、エル・グレコ自身の独自性となり始めていた奇抜な構図と非現実的な色彩が、当時絶対的な権力者であったフェリペ二世の不興を招いた。その結果、宮廷画家への道は閉ざされるが、宗教関係者や知識人からは圧倒的な支持を得た。以後、逞しい肉体の表現から、人体の長身化が顕著になり、形態は流動性を帯びていった。

[Salvastyle.comより]



当時、エル・グレコはまず優れた肖像画家としてみなされていたという事実は少なからずわたしを驚かせた。
この展覧会はそんな彼の肖像画の紹介からはじまっていく。

エル・グレコの肖像画の特徴とは、描かれた人物の現在の似姿、つまり代用物として成立せしめた点にあるのだという。
肖像は目線を合わせること、身振り、そしてわれわれの目線の高さに配置されることにより確立される物理的・心理的距離の近さを通じて、観る者とコミュニケーションを交わし、実在の人物のようにそこに現れるのだ、と。


el_greco_paravicino.jpg
エル・グレコ 《修道士オルテンシオ・フェリス・パラビシーノの肖像》 1611


なるほど、通常の肖像画に比べて余分な背景スペースがカットされ、人物がぐっと前面にでてきている。
絵の前に立つと、まるで目の前にいるかのような親近感を覚える。

手が、ひざが、近いのだ。
こちらに目線をむけ、耳を傾けているのがよくわかる。

しかし、単にそれだけではない。
あたかもそこにいるかのように、ということはつまり鑑賞者の前にその人物が存在し、その人物は鑑賞者を見つめているということで……


el_greco_selfportrait.jpg
エル・グレコ 《芸術家の自画像》 1595


とても視線がやさしいのだ。
友を迎えるときとおなじようにこちらをじっと見つめ返してくれる。


それは《ディエゴ・デ・コバルービアスの肖像》の比較をみると明らかだ。


el_greco_immaculate_conceotion3.jpg
右 アロンソ ・サンチェス・コエーリョ 《ディエゴ・デ・コバルービアスの肖像》 1572-73
左 エル・グレコ 《ディエゴ・デ・コバルービアスの肖像》 1586-1600

(2点は並べて展示されています)


このエル・グレコの作品は、モデルであるディエゴの死後、アロンソ・サンチェス・コエーリョの作品を参考にして描いたもの。
エル・グレコは生前のディエゴに面識がなかったというが、どちらの人物により感情や息遣いを感じられるだろうか。

比較展示を前に立つと、いっそうエル・グレコの描く肖像画の魅力が見えてくる。


greco-covarrubios-and-coello-2.jpg


またエル・グレコは聖人や聖女ーー「見えるもの」だけでなく「見えないもの」たちさえ、日常から切り離すことなく描いていった。


el_greco_saint_paul.jpg
エル・グレコ 《聖パウロ》 1585

el_greco_saint_mary.jpg
エル・グレコ 《悔悛するマグダラのマリア》 1576


そのやさしく潤んだ瞳。
鑑賞者との近しい距離。


エル・グレコの肖像画でいちばん印象に残ったこと。




// no tags

| 17:54 | trackback 0* | comment 0* |


2012.12.29 [Sat] + Art/Design +
2012年展覧会 ベスト10

メモ書きとして。


1. 「コレクター鈴木常司『美へのまなざし』 第Ⅱ期 モネとポーラ美術館の絵画」ポーラ美術館

【過去記事】コレクター鈴木常司「美へのまなざし」展 第2期モネとポーラ美術館の絵画

はじめて訪れたポーラ美に度肝を抜かれた。
そのコレクションセンス、展示法、すべてがすばらしい!
ゆえに来年のポーラ美×レオナール・フジタ×Bunnkamuraには期待せざるを得ない。



2. 「英国水彩画展」 Bunkamura ザ・ミュージアム

一発勝負で画家本来の画力がそのまま作品となる水彩画。ピクチャレスクという美の概念。
いまでも水彩画を描きたい願望のあるわたしには、その描かれた景色といい、ドツボでした。



3. 「シャルダン展」三菱一号館美術館

誰の心の中にも存在するリンゴを描いた世界。
静寂と空間と内面世界の妙。




Tags // Art/Design

| 10:50 | trackback 0* | comment 0* |


2012.11.23 [Fri] + Art/Design +
ベルナルド・べロットと景観画

図録放出会 vol.2にいってきました。
スタッフとしてはたらきつつ、合間にちゃっかり図録をゲット!


 『モネ展 1994』
 『パリ/マルモッタン美術館展 2004』
 『第62回式年遷宮記念特別展 伊勢神宮と神々の美術 2009』
 『山種美術館所蔵 桜 さくら SAKURA 名品画集 2012』
 『香り かぐわかしき名宝展 2011』


ふふ、なかなか良いモノを見つけたでしょ?
(実はル・ドゥーテもあったんだけど、まさかの購入ミス!持っていた図録を買ってしまった。。わざわざ何年版のものかチェックしたのにー)



この中の一冊、『ドレスデンの宝物 THE TRETURE OF DRESDEN』は図録じゃなくて、日本人向けのガイド小冊子だったみたい。


dresden_Bernardo_Bellotto1.jpg


たくさんの図録の山の中から偶然見つけて「うわードレスデンなつかしいなあ」と表紙をめくったら、飛び込んできたこの一枚。


dresden_Bernardo_Bellotto.jpg


思わず「あっ!」と声をあげてしまった。



じつは今年のはじめにこんなツイートをしていたんだけど、

そういえば、ドレスデン美術館ですごく惹かれた絵があって、思い返すとそれはデルフトの眺望に似ていたんだ(と記憶しているけど曖昧)。あれは誰のなんていう絵だったんだろう。水面に反射する光の描写がそれはそれは繊細で美しかったんだ。


この絵のことだったの!思いがけない再会に迷わず即購入。


ぎゅう、と力づよく抱きしめた。



| 23:44 | trackback 0* | comment 0* |


2012.11.11 [Sun] + Art/Design +
アルブレヒト・デューラーの水彩画

前回の予告どおり、アルブレヒト・デューラーのお気に入りの水彩画を。

タイトルにリンクがあるものはクリックで拡大表示ページに飛ぶことができます。
はりきって詳細まで堪能できるページを探してみたので、ぜひチェックしてみてくださいな



Albrecht_Durer_A_Young_Hare.jpg
A Young Hare》 1502


Albrecht_Durer_The_Large_Turf.jpg
The Large Turf》 1503


Albrecht_Durer_wing.jpg
Wing of a Roller》 1512


Albrecht_Durer_Dead_Blue_Roller.jpg
Dead Blue Roller》 1500 (or 1512)


Albrecht_Durer_Innsbruck_Seen_from_the_North.jpg
Innsbruck Seen from the North》 1494


本当にうつくしい。



| 00:09 | trackback 0* | comment 2* |


<< back | TOP | next >>


04 ≪│2017/03│≫ 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。