オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2008.12.17 [Wed] + 伝統/異文化理解 +
伝説の美人芸妓「富田屋八千代」

時は明治、大阪の富田屋に「八千代」という芸妓がいた。
容姿の美しさはもとより、秀でた遊芸とその気品や人柄の良さから一世を風靡し、
日本で一番プロマイドを売り上げた、日本三名妓の一人である。

彼女にねぎらいの言葉をかけられれば松下幸之助の顔はまっ赤になり、
なんども面会を申し込み、五時間も待たされたあげくついに対面を果たした人気漫画家岡本一平(岡本太郎の実父)でさえ、八千代の第一印象について後にこう語っている。


「二重にくびれゐる二重瞼(まぶた)は微紅を帯び、あたかも春花の柔らかく、また温かく、睫毛(まつげ)にそふて香りかかり、乱れかかり・・・描く能(あた)はず」


彼女にまつわる話を聞けば聞くほど、
なんて賢くて人間的魅力にあふれたべっぴんさんなのだろうと感心させられることばかり。



で。

なんとその八千代姉さんが写っている動画を発見してもた!!
ちょおおおおおおおおおおレアではなかろかと�A�b�v���[�h�t�@�C��

この当時、八千代18歳。

The Geisha 100 years ago "YACHIYO" 1904



A Star Geisha 100 years ago.
TONDAYA-YACHIYO(1887-1924)Osak a.Japan



| 16:26 | trackback 0* | comment 0* |


2008.12.15 [Mon] + 伝統/異文化理解 +
芸妓と化粧(けわい)と女の美

「着物」や「色気」、「女の美」と聞いて、
芸妓や花魁を思い浮かべたひとも多いのでは?
そこで、そんな彼女たちの美しさの秘密に着目してみましたz


x 化粧

ところで、「化粧」には読み方が二通りあるってご存知?
【化粧(けしょう)】と【化粧(けわい)】です。

【けしょう】
「けしょう」とは『顔に施すもの』という意味。
部分的・限定的で、いわゆる現代でいう"メイク"に当たるもの。

【けわい】
「けわい」とは、『みだしなみ全般』という意味。
つまり『部分的なものではなく、身体全体の化粧(みだしなみ)』を指し、広義に用いられます。



sakuranchiaki.jpg
Sakuran. II by zemotion


芸妓さんが施しているのは【化粧(けわい)】になります。
以下に紹介するのは、芸妓さんがすっぴんから化粧していく様子を撮影したもの。

12分05秒という長尺ながら最後まで一糸みだれぬ緊張感に、
思わず見入ってしまいました。


素肌に一筆目を置いてから慣れた様子でサッサと塗り広げていく様子や、
ついにはまぶたのキワから唇の細かい縦皴まで塗り込まれた白一色の顔。
あまりにも自分の日常から掛け離れていて、ことばを失います。

しかし、色筆に持ち替えて少しずつパーツが書き足されてゆく内に
あることに気がつきました。


”そっか。
 これは無と再生なんだ。
 血の気が失せた無機物から再び血の通う人間へ。
 彩色は再生の象徴。
 すべての色に赤みが入っているのもそのためなんだ。”


まるで無となり中身を失った身体(から)に、
舞妓の魂が憑依したのかと見紛うほどの美しくみごとな変貌ぶり。
【化粧(けわい)】というより、崇高な宗教儀式を垣間見たような気がして
身震いしました。


Maiko or geisha putting on face make-up in Kyoto





| 00:44 | trackback 0* | comment 0* |


2008.10.04 [Sat] + 伝統/異文化理解 +
「MOTTAINAI」日本の美徳の真髄は4つ目のRにあり

問題。

2004年に環境分野で、またアフリカ人女性として初のノーベル平和賞を受賞した、元ケニア環境副大臣のワンガリ・マータイさんが世界に通じる環境標準語にしようと提唱している「日本の美徳の真髄」ともいえる言葉とはなんでしょう?


答え。

「MOTTAINAI」


x 環境 3R + Respect = もったいない

Reduce(ゴミ削減)、Reuse(再利用)、Recycle(再資源化)という環境活動の3Rをたった一言で表せるだけでなく、かけがえのない地球資源に対するRespect(尊敬の念)が込められている言葉、「もったいない」。
この美しい日本語に感銘を受けたマータイさんは、環境を守る世界共通語「MOTTAINAI」として広めることを提唱しました。


もともと「もったいない」とは、ものを意味する「物体=勿体(もったい)」と、それを打ち消す「ない(無い)」により、ものの本当の価値が生かされずムダになってしまうのが惜しい、という気持ちを表したことば。
ここまでなら英単語の"wasteful"でもじゅうぶん間に合いそうなもんだけど、そこに"ものを大切にしたい"という思いや、そのものを得るまでのさまざまな苦労への感謝と敬愛の念も込めるのであれば、やっぱり"MOTTAINAI"が一番しっくりくると思う。

この辺は本当に日本語特有の美しさ・すばらしさよね。
環境の3Rのみならず、4つ目のR:Respectまで含むことばは日本語だけ・・・なんて、すごくロマンチックで素敵だと思うんだけどな。
この運動の広がりが、「もったいない」精神を育むとともに、改めて日本語の美しさや日本文化に根付く精神を見直す良いきっかけになるんじゃないかな。


ところで、「もったいない」について調べていたらこんなものを見つけたよz
うわ、かなりなつかしー!!笑
おなじく昭和生まれぴーぽうなら誰でもそう叫ぶに違いないhu


[AC CM]公共広告機構 もったいないおばけ




このCM、こども心にはちょっと恐かったなあアップロードファイル

でももったいないばあさんムービーと比べてしまえば
こどもにとってインパクト大=より深く心に刻まれるのは前者であるのは間違いないし、
実際、「好き嫌いをするともったいないおばけが出てくるよ!」の一言で
泣く泣く苦手なたべものをのどの奥へ流し込んだお子様も多かったハズ。

はたして、今のこどもたちにもこのフレーズって通用するんだろーか?



| 11:51 | trackback 0* | comment 0* |


2008.09.10 [Wed] + 伝統/異文化理解 +
子育てと異文化交流と15の春

ついにこの間、学生時代の仲良し軍団(=つだっこ)の一人がママになったの��
10代のころから知っている友人がママになるなんて、ちょっと感動!
どんなママの顔で子育てをしていくんだろうhh

私ならこどもが小学校中学年になった頃から意識的に多文化に触れさせてあげたいな。
日本文化はもちろんだけど、特にヨーロッパに連れて行ってあげたいの。
自分の周りをみても、早い内からヨーロッパ文化に触れているコって「個」が確立されてるし、
物事の見方や捉え方が広くて深いんだよね。


そこで、イギリスのハイスクールに通っていた友人に
「第二外国語とか無視して、自分のこどもにはどの時期にどこの国で学んでほしいと思う?
もちろん、ずっと日本で教育を受けるっていうのも可、ね」ときいてみたところ、


「やっぱり義務教育期間は親元にいた方がいいと思う。
その間に日本についてきちんと勉強していろいろなことを知って、
まずは自分の中に【日本人】としてのアイデンティティを確立してほしいな。

それとね、結局しんどいときココロの支えになれるものって家族の存在とか思い出なんだ。
反抗期に親とケンカしたことでさえ、夜つらくてベッドの中で泣いてる自分をなぐさめてくれる。
だから中学卒業までは自分の家族と一緒に過ごして、それから海外に行った方がいいよ。
じゃないと後々精神的にキツい。


// no tags

| 00:56 | trackback 0* | comment 0* |


<< back | TOP | next >>


09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。