オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2008.04.26 [Sat] + ツブヤク。 +
一瞬の偶然の再会

「キミはとても強くて僕は弱い人間で それでもずっと守ってあげたかった
 つらいとき苦しいときは弱音をはいて欲しかった 全てさらけ出して甘えて欲しかった
 キミのためなら何でもしてあげたかったのに 何一つさせてはくれなかったね」

ずっと昔、どうして本音をぶつけてきてくれないんだとあたしを責めた声がそうつぶやいても
相も変わらずただ静かに微笑むことしかできなかった

そんなセリフを聞く度に心の中で思ったっけ
なんでツラくていっぱいいっぱいのときまで『あなたの好きなやり方』でなきゃいけないの?
せめてこんなときくらいあたしの好きなように甘えさせてよ

あなたにとっての愛情とは
ときに涙をみせてワガママ言ってぶつかりあって泣きながら抱きしめ合うこと
正面から向き合って感情を投げつけ合うこと

一人じゃ何もできないから
キミなしじゃとても立っていられそうにないから
そばにいてくれないか、、


ボ ク ヲ タ ス ケ テ


そんなセリフが愛だとは到底思えなくて
一緒に生きていくことをあきらめた

もし私がつらいときでも
「キミなら自分の力で立ち上がることができる」と信じてくれたら
隣にいてくれたら
それだけでいい

感情をぶつけあうために向き合うんじゃなくて
一緒に歩いていくために同じ方向を向くことができるひとなら
この先もずっとそばにいようと思えるんだ

| 22:55 | trackback 0* | comment 0* |


<<シューベルトの中にある『子供の情景』とトロイメライ | TOP | Traumerei:トロイメライの想い出>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/907-d8f5c23e

| TOP |


09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。