オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2008.04.05 [Sat] + Music +
Amazing Graceの歌詞の和訳と誕生秘話

あったーーーーーー!!!heartheartheart
やっと見つけた、
あのときのAmazing Graceの歌詞の訳の書き写し。

基本的にあたしは英語で書かれた歌詞の訳をわざわざ読んだりしないけど
ある番組(*1)でAmazing Graceが歌詞のテロップと共に流れたとき
その訳のあまりの美しさに感動して気がついたら夢中でメモを取っていた。
結局エンドロールまでチェックしてもその訳者が誰かは分からずじまいだったけど・・・����
                    

  Amazing Grace  

   Amazin Grace
   素晴らしい恵み
   How sweet the sound
   なんてやさしい響きなのか
   That saved a wretch like me
   その響きが私のような惨めな人間を救ってくれた
   I once was lost but now I'm found
   一度は道を踏み外してしまった私が今 救い出され
   Was blind but now I see
   生きる意味を見出せた


Amazing Graceを初めて聞いたとき、なぜかなつかしさが急にこみ上げてきて涙がこぼれ落ちた。
あたしにとって少し【特別】な曲なんだ。


■ Amazing Graceはどのように生まれたのか

Amazing Graceは作者であるジョン・ニュートン自身のある体験から生まれたものです。

ジョン・ニュートン(John Newton/1725-1807)イギリスの貿易商の家庭に生まれた。母親は、幼いジョンに聖書を読んで聞かせるなど、熱心なクリスチャンであった。成長したジョンは、商船の指揮官であった父に付いて船乗りとなったが、さまざまな船を渡り歩くうちに、黒人奴隷を輸送する「奴隷貿易」に手を染めるようになった

1748年5月10日、彼が22歳のとき、転機はやってきた。船長として任された船が嵐に遭い、非常に危険な状態に陥ったのである。今にも海に呑まれそうな船の中で、彼は初めて心の底から神に祈った。すると、船は奇跡的に嵐を脱し、難を逃れたのである。彼はこの日を、みずからの第二の誕生日と決めた。

その後彼は奴隷船の船長に昇格するが、まもなくその仕事をやめ、勉学を重ねて牧師となった。そうして1765年に「Amazing Grace」が生まれたのである。この曲には、黒人奴隷貿易に関わったことに対する深い悔恨と、それにも関わらず赦しを与えた神の愛に対する感謝が込められているといわれている。

つまりAmazing Grace(すばらしい恵み)とは神から与えられた慈悲深き恩赦のことなんだね。
この歌にこめられたジョンの想いを知った上で、�G���������͂��Ă�������の完璧なまでに美しく整った訳文を読み返すと
それだけで・・・。

もっとAmazing Graceについて詳しく知りたい人は �A�b�v���[�h�t�@�C��
ドナドナ研究室ファイル アメージンググレース 【前編】ジョンニュートンの人生、エピソード等
【後編】アメージンググレースの歌詞・曲のルーツ等


■ Amazing Grace × 本田美奈子さん

Amazing Graceといえば、ライブで熱唱する赤いドレス姿の本田美奈子さんを思い浮かべる人も多いんじゃないかな。


本田は入院中、路上で転倒し同じ病院に入院してきた恩師の岩谷時子を励ますため、病室でア・カペラで歌を歌いボイスレコーダーに録音して岩谷の病室に届けていたが、その時に最初に歌ったのが「アメイジング・グレイス」だった。(中略)
本田は岩谷時子による日本語詞の前後に英語詞の1番を配して歌っている。岩谷の詞は罪深い奴隷貿易に関わったことへの悔恨という元の英語詞のモチーフは踏襲せず、幾多の曲折を経ながらも歌一筋に生きてきた本田の心情を表現したような内容になっている。
[Wikipedia - アメイジング・グレイス (本田美奈子.)より]

何ヶ月か前に美奈子さんと岩谷さんがやりとりしたボイスメールのドキュメンタリーがあったよね。
番組中では実際にレコーダーにおさめられた肉声が数多く公開されていて、その内容はあたしがドキュメンタリー大好き人間ということを断り引いてもあまりにすばらしく、再放送までくり返し見ていたほど。
そのボイスレコーダーの中には美奈子さんや岩谷さんの優しさや思いやり、人としての強さとともに
「歌」が持つ力や「歌を歌う」ことの意味さえも気づかせてくれる【何か】が存在していて、激しく心が揺さぶられた。

美奈子さんがAmazing Graceに載せた詩は、本当に彼女そのものだと思う。

    やさしい愛の てのひらで
    今日もわたしは うたおう
    何も知らずに 生きてきた
    わたしは もう迷わない



本田美奈子さんて、本当に本当に空から降りてきた天使のようなひと。
やさしくて愛らしくておだやかで強いひと。
最後まで自分を貫いたひと。
華奢な彼女のどこにそんなたくましさが隠れていたのかと目を疑いたくなるほど
とても強くて美しいひと。


■ ジョンの最後の言葉

晩年、ジョンは口癖のようにこんなことを言っていたそうです。

"My memory is nearly gone, but I remember two things, that I am a great sinner, and that Christ is a great Saviour."

「薄れかける私の記憶の中で、二つだけ確かに覚えているものがある。
  一つは、私がおろかな罪人であること。
  もう一つは、キリストが偉大なる救い主であること。」


深いなあ、、
キリスト教信者じゃないあたしにもこの言葉は響くなあ、、
こんな言葉たちの中からAmazing Graceは生まれたんだろうね���


今まで見えなかった神の恵みを 今は見出すことができる ・・・



今まで幼すぎて気づけなかったやさしさも
与えてもらった愛情も
教えてもらった強さも
自分にとってどれだけ大事な存在かということも
ずっとずっと見守られてきたことも



今なら分かるの。






(*1) 2007年12月07日放映分の金曜日のスマたち
米良美一が女子刑務所を慰労訪問した際に歌った曲の中の一つがAmazing Grace。
番組的にもまさにドンピシャな和訳でした。


関連リンク:
Wikipedia - アメイジング・グレイス
アメージング・グレース:歌詞の全訳はコチラ。

| 16:54 | trackback 0* | comment 0* |


<<女子的カメラバックの選び方とオススメ | TOP | 映画三昧>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/880-e0d1a867

| TOP |


09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。