オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2008.03.15 [Sat] + kotomoの中の人 +
チャンスの女神より自分が何を選ぶのか

海外にいっても、行動パターンがあまり変わらないなあ。

気の向くまま思いつきで大胆に計画を変更したりするし、予定は未定。
古本屋さんに駆け込んで、公園の芝生でごろ寝したり読書したり、
そんな半日の過ごし方って贅沢だなーと思うしすごくしあわせな気分になるよね。

どんなに見るべき価値を持つ物が目の前にあろうと、自分のやりたいことをすればいいじゃない。
本当に自分にとって必要な経験ならば、必ずまた機会は巡ってくるから。
そういう『have to 』の押しつけで『とりあえず』をこなして、それが自分の中にとどまり続けてゆくゆく豊かなインスピレーションを与えてくれるものになるって、あたしは考えない。

同じように、チャンスの女神には前髪しかないんだからっ!!・・・って鼻息荒くかまえるのは苦手。

間違ってはいない。
けどそういう姿勢は執着を生む。執着は判断をくもらせる。視野を狭くする。余裕がなくなる。都合のいい解釈を選ぶようになる。自分の意見に固執する。

そういうのって、「呼ばれる」もん。
呼ばれたらそのことが分かると思う。
どこか自分とはまったく別の存在の強い意思が働いてるんじゃないかってくらい、
抗いがたく引き寄せられていくものだから。
そうしたらあとは精一杯の努力と誠意で向き合えばいい。
あたしはそう思ってる。

【チャンス】ということばより【機】と言う方が好き。
【チャンスの女神論】より、【虎視眈々】【機を見て敏なり】ということばの方が好き。
大切なのは間を読むこと、本質を見極めること。
自分の意志で選び切り開いて行くと自覚すること。

   Cool Head,but Warm Heart.

         by アルフレッド・マーシャル氏( 経済学者:1842-1924 )

// no tags

| 16:25 | trackback 0* | comment 0* |


<<おじさんとねこ | TOP | ヴェネツィア想い出の香り>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/821-18a23fb6

| TOP |


09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。