オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2007.11.10 [Sat] + Days +
ケーキ分割問題は人間関係にも有効なのか?

cutyourcake.jpg


ケーキが一つあります。これをAくんとBくんの二人で分けることにしました。どちらからも文句が出ないように切るにはどうすればいいでしょうか。ただし、二人の価値観は同じとは限りません。たとえ親が量りを使ってキッチリ等分に分けたとしても、クリームの量が足りないとか、中に入っているイチゴが少ないとか、当人達が不満を持ってはいけません。





こたえ:
一人が自分がちょうど半分だと思うように切り分けて、もう一方が好きなほうを選択する。

これは比較的有名なパズル問題であろう。
いわゆる「ケーキ分割問題」だ。

   *    *    *    *

あの季節、くり返されるお決まりのパターンにいい加減つかれきってたころ、
ついにあたしは公平そうに見える2つの選択肢を差し出して、決断は相手に委ねた。

断っておくと、結局その問題は二者択一にいきつくのであって
言い換えれば答えはその二つしかないってワケで
その上、いずれ近いうちに決断しなければいけないことも薄々わかっていた。
つまりあたしが決められたのは『あの時に』切り出したってだけ。

そもそも、同じことを他の誰かがしていたら―――恋人ならとっくに愛想がつきてた、親友ならもはや何も言うまい、仲間ならハッキリと言い切っていただろう。
答えならすでに出ているはずなのに、いつまで気づかないフリを続けるの?
奇妙な距離間がかえって事態をややこしく引き延ばして混乱させた。




長い沈黙のあと、二言三言ことばを交わして、それからやっと少し笑い合ってた。





でも、


結局は元のもくあみで、





大切な予定も先延ばしにするほど体調が悪かった今日は、
『もうあたしには聞こえなくなった』はずのコトバに、一瞬、感情のコントロールを失った。



// no tags

| 23:28 | trackback 0* | comment 0* |


<<0123456789 | TOP | コンゴウインコが4歳の男の子の家庭教師になる>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/695-3dcdfa59

| TOP |


07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。