オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2007.11.06 [Tue] + News/Media +
イラク派兵1回分のコスト>火星への有人飛行11回分のコスト

2004年、ブッシュ大統領は火星への有人飛行計画を発表した。NewScientisは『そのミッションにかかる費用はおよそ400億ドルから800億ドルの見込み』と伝えていた。

さらにその前の年の2003年、ブッシュはアメリカ兵をイラクへ送り込んだ。そのときから 2007年9月27日までの時点で、アメリカが負担した費用はおよそ4540億ドル(約5000億円)にのぼると言われている。(2006年の The Boston Globeでは2兆ドルとも伝えている。 )




もし当初の火星への有人飛行計画の見積もりが正しいとすれば、イラク派兵に使った分のお金で、5~11人の民間人を火星へ連れて行くことができた計算になる。しかもこれは各人が別々に有人飛行を行った場合の数字であって、実際は経験やデータ、テクノロジーを共有・改良することで、総費用額はもっと抑えられるだろう。つまり、実際は11人以上もの民間人を火星へ招待することができたのである。

visual_equation.jpg

『もしブッシュが“火星には石油があるだよねー”とか思っちゃってたら、きっと周囲には「フセインは大量破壊兵器を火星に隠しているぞー!!」と触れ回ったに違いない』に1000000000000ブッシュ。


[source]



// no tags

| 00:24 | trackback 0* | comment 0* |


<<手と手 | TOP | The Coming Water Wars Chart:迫りくる水の利権争い>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/688-0b28f172

| TOP |


07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。