オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2007.11.03 [Sat] + language +
あやふやなになりがちな使い分け、ちゃんと説明できますか?

個人的にはね、語学にお金をかけるなんてもったいなさすぎると思います。お金をかけるなら、もうある程度会話ができるようになった段階。今の語学力にもっとブラッシュアップをかけたいとか、TPOに合ったスマートな英語表現を覚えたいってときに有効だと思う。

たとえば好みの洋雑誌を買ってきたり、外国の人がかいているおもしろいブログを見つけた方がモチベーション高く続くと思う。それでもよく分かんないときは、誰かに質問すればいい。「どこで?」という人は、その国のヤフーのページに行けば必ず質問できる掲示板があるからまずはそこからはじめてみるといいかも。『そんなサイトを教えてください』と聞くのもアリ♪けっこうみんな親切に答えてくれるし、そのやりとりがすごくためになったりする。日本語だってあやふやだったら誰かに聞いたりするでしょう?それとおんなじ。そんなページを探した方が絶対イイ。

たとえばこのページとか、すごくおもしろいよ♪(内容は日本語についてですが)
逆にこんなに豊富な例を引き合いにささいなニュアンスをつかむのって、単なる勉強学習じゃむりだと思ふ。でもほんとうに知りたいのは、こんなびみょーな表現の使い分けだったりすんだけどね。

あなたなら彼の疑問にどう答える?





個人的に「こどもと一緒に学ぶ」ことに興味があるので、もし自分のこどもから同じ質問をされたらどう答えるかなーって考えちゃう。

自分の体験も含めて(次のエントリで少し触れます)、
コトバは日本語もほかの言語も手のフリや体の動きを使いながらイメージで教えたいんだよね。

たとえば『あてがう』の場合:
「『あてがう』ってこういうイメージだよ」っていいながら
自分の頬をチョンチョンってつついて見せたあと、
そのコの手をとって自分の頬にそっと上から触れるように導いて
かるく頬を包み込むようにやさしく押さえながら「これが『あてがう』のイメージ」。
次にそのコのひざに手をあてて、「ひざのケガにガーゼを『あてがう』」。・・・

そんなやりとりをしつつ、今度は一緒に『あてがう』を探す旅に出かけるのだ。笑
うー楽しそう!!



// no tags

| 18:32 | trackback 0* | comment 0* |


<<『ほめて抱きしめれば天才になる』 | TOP | GEEKパパのテーマソング>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/684-18b551b3

| TOP |


09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。