オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2007.09.10 [Mon] + News/Media +
BBCの現地特派員が語る、マデリンちゃん事件×McCann夫妻×ポルトガル報道陣

mcfamiii.jpg


マデリンちゃん捜査はポルトガル警察がMcCann夫妻に疑いの目を向け始めてからがらりと変わったという。ポルトガル国内での緊迫した空気はますます高まるばかりだ、とBBCの特派員は話す。

実名を出して事件へのコメントを出しているおもしろい記事なのでとりあげみます。


■ MCCANNS' RELATIONSHIP WITH POLICE
~McCann夫妻とポルトガル捜査当局との関係~

Jane Hill: There have certainly been peaks and troughs throughout this investigation.
捜査が進む中、ある種のピークと底を迎えたといえるかな。
The McCanns would say, in terms of the investigation broadly, absolutely they're behind it, they support it, they want the police to carry on looking for Madeleine.
McCann夫妻は捜査はさらに拡大していったといってたけど、あるときは極秘にされたり、協力してくれたり、、彼らは警察にMadeleineの捜索をし続けて欲しかったんだ。
But judicial secrecy laws here have made things very difficult, not only for journalists trying to explain to viewers what's going on with the investigation, but more importantly for the family themselves.
でも司法の守秘義務がからんで、事態はもっとややこしくなって。それはジャーナリストたちが視聴者に今捜査でどんなことが起こっているかを伝えるときだけじゃなく、もっと重要なのは家族であろうとそうだってこと。
It's not just journalists who aren't meant to be told anything by the police in legal terms, it's the very family at the heart of it too and I'm sure that in itself has been extraordinarily stressful.
法的に定められた期間、捜査当局から何も情報を得ることができないのはジャーナリストたちだけじゃなく、家族であろうとそうだし。彼らにとってそれはありえないくらい相当ストレスだったと思うよ。
Gerry McCann has alluded to the fact that the Portuguese legal system is, as much as you can generalise, rather slower than the British legal system and they are in for the long haul here.
Gerry McCannは徐々に気づいていった。ポルトガルの法のしくみはイギリスのソレより大概ゆっくりだし、長期にずれこむもんなんだって。





■ MCCANNS' RELATIONSHIP WITH PRESS
~McCann夫妻と報道陣との関係~

Richard Bilton: The McCanns have a relationship with lots of journalists - they do talk to us, they know the situation.
McCann夫妻は多くのジャーナリストたちと良い関係を築いていた―――本当によく私たちと話したし、状況を理解していた。
I think the ferocity over the past few days has taken them by surprise and, in the end, was one of the reasons why they were so desperate to move away from here.
ここ何日間かの暴挙は予想外の展開だったし、それが結局、彼らが絶望してここから去っていく理由のひとつだろうと僕は思うよ。
About a month ago, when the specks of suspected blood were discovered, the attitude of the Portuguese press completely changed.
ひと月くらい前に疑わしい血痕の情報が出てきたとき、ポルトガルの報道陣たちの態度はガラリと変わったよな。
All of a sudden they were being pursued as they dropped the twins off at nursery on a morning and they were being filmed. Things were different here.
突然McCann夫妻は追っかけられるようになって、双子を保育園に通わせるのをやめた。そしていつもカメラに撮影される羽目になった。このあたりから、様子が変わってきたんだよな。
Jane Hill: Around the period that marked the 100 days since Madeleine's disappearance, there was a lot of hostility.
Madeleineちゃんの失踪から100日経過したあたりを契機に、敵意むき出しの雰囲気になって。
I remember reading in the Portuguese press some very blunt headlines, that said, frankly, 'why are you still here'? 'Why don't you go home'?
よく覚えているよ、ポルトガルの報道陣がすげーぶっきらぼうな見出しで、あからさまにさぁ“なんであんたたちまだここにいんの?おうちに帰ったら?”。
At this precise moment, this shows no sign of abating.
事件はなんら解決も進展してないってのにさ。


■ THE MOOD IN PRAIA DA LUZ
~Praia da Luz:事件の起こった町の様子~

Caroline Hawley: Praia da Luz is a town that is now very much hoping that it can close this chapter and that the community here can move on with their lives.
Praia da Luzはいまややっと最終章に近づいた、住民たちもいつもの生活を取り戻せるって歓喜に沸いてるぜ。
Right from the beginning, although there was a lot of sympathy and support for the McCanns, there were many people here questioning how they could have left the children as they went to the restaurant and had dinner.
最初のころはさ、もちろんMcCann夫妻にたくさんの同情を寄せてサポートしてくれたけど。こっちでは多くの人がどうして彼らは子供を置いてレストランでゴハンなんか食べてんのって疑問視してるんだよね。
As the McCanns have stayed here and the media attention has stayed on the town, many of the local community have got a bit fed up of it all and I think there will be people who are relieved that the McCanns are leaving.
McCann夫妻がここに滞在することで、つねに町はメディアの注目を浴びるし、多くの地元コミュニティーはもうすべてにウンザリ。McCann夫妻がいなくなってほっとしたって人もいるんじゃないの?
Jane Hill: In the very early days, there was a huge outpouring of sympathy and support for the McCanns in Praia da Luz.
ほんとに最初のころは、Praia da LuzではMcCann夫妻にほんと多く同情とサポートがあったのにね。
A lot of local people, not just British expats, went out, they took days off work to search scrubland for Madeleine but there really has been a shift of focus. There's been a twist to some degree.
多くの地元の人は、イギリスから来た人だけじゃなくて、仕事を休んでまで茂みの中Madeleineを探したり。でも彼らはフォーカスの度合を変えたしたんだよな。なんかちょっと、変わったんだよ。
There were some ugly moments as Kate McCann had to fight her way through the media to get into the police station.
Kate McCannがメディアの間をくぐって警察の取調べを受けにいくとき、本当にひどくつらい瞬間だったろうに。
There was a few people in the crowd who yelled out at her, called out, booed, whistled. It was a slightly ugly, tense atmosphere.
野次馬の中には彼女にむかって叫んだり、大声を上げたり、ブーイングしたり、口笛吹くやつもいたらしいぜ。本当にあまりにひどい、張り詰めたような雰囲気だった。
I think that was symptomatic and representative of how we've seen the situation change.
あの瞬間に、はっきりと、あぁ状況が変わったんだなって見て取れたよ。
[source]

もちろん、いくら気を配ろうとマデリンちゃんを部屋に置いてレストランに行ったのは事実だし、それは国に関係なくだれでも考えること。それに、実際マスコミの注目が集まった地域というのは、マイナスな影響を受けることが多いのも事実。けれどもその不満をぶつける相手探しが始まってしまったのなら、それは違うだろうと。憎むべきは事件の犯人。そこを間違えちゃいけない。人は強くはないけれど。

ケイトさんは7日、正式な容疑者とされる前に、英サンデー・ミラー(Sunday Mirror)紙のインタビューに応じた。その中で、ポルトガルの警察当局が、捜査資金が不足しているため捜査を打ち切る目的で、ケイトさんを容疑者にでっちあげようとしていると非難した。

「ポルトガルの警察は、マデリンが事故にあい、動揺したわたしが1か月間遺体を隠したあとレンタカーで遺体を運んだと告白すれば、2-3年の執行猶予付きの判決で済むと言ってきました。そうすればジェリーもまた働けるとまで言われました。わたしの弁護士にもそれが最良の選択肢だと説明したのです。最悪の悪夢です。もしわたしがこれを拒否すれば、もう後には引けなくなると言われました。でも、絶対に、彼らのためにうそをつくことはしません」(c)AFP
失踪した英国人少女マデリンちゃんの両親が帰国

このような報道もあり、また人々の反応にも変化がありそうですね・・・。
とりあえず、そのインタビュー記事を見つけよっと☆


RELATED:
イギリス少女マデリン(Madeleine McCann)ちゃん失踪事件関連エントリ



// no tags

| 11:11 | trackback 0* | comment 0* |


<<マデリンちゃんを支える想い×リストバンド×YouTube公開動画 | TOP | イギリス少女マデリン(Madeleine McCann)ちゃん失踪事件関連エントリ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/535-b71d366c

| TOP |


09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。