オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2007.07.16 [Mon] + Art/Design +
オバケが街にやってきた : 光のグラフィティ

草木も眠る丑三つ時。
こんな時間まで起きてる悪い子はだぁれ?
よい子が夢の世界で楽しく遊んでいるころ、
愉快なメロディにあわせてオバケがぼくらの街にやってきた。

lichtfaktor7.jpg

よるの街が、表情をかえる。
昼間はじっと動かなかったおもちゃの兵隊やヌイグルミたちがおしゃべりを始める。
道路標識たちは勝手に歩き始めるし、信号は楽しそうにチカチカあたりを照らすんだ。

シンジテナイ?
じゃあ外に飛び出してオバケを探しに行こう♪

lichtfaktor2.jpg

ほら、オバケたちもきみと友達になりたいみたい☆




lichtfaktor3.jpg
lichtfaktor4.jpg
lichtfaktor5.jpg
lichtfaktor11.jpg
LICHTFAKTOR1.jpg

これらはLICHFAKTORというアーティスト集団の作品。
カメラを三脚で固定して10-30秒間シャッターを開きっぱなしたままで、ペンライト、ルミカライト、フラッシュ、鏡などさまざまなものを用いて光のラクガキを描いています。

lichtfaktor6.jpg
↑↑この御方がオバケの親玉。笑


光のグラフィティの魅力は、その美しさやユニークさ、スピード感や計算外の+αが生み出す味など挙げたらキリがないけれど、個人的にはPainting with Lightにあるように
『歩いてるひとや建物や電話ボックスとか、街のすべてのものがアートの一部になるとこ』だと思います。たとえば他人の家の屋根に勝手にペンキなどでグラフィティを描いたら犯罪になるけれど、『光』を使った場合、後には何も残らないので、キャンバスに制限がないんだなぁ、と。
そんな奔放で自由気ままな雰囲気がいいかんじ。
公園の野良公にマユゲを描いてみたりとかネ☆

COLORloversさん×LICHTFAKTORのインタビュー記事もありますよん。
もっと彼らの作品が見たい人、あるいはグラフィティを描いてる動画を見たい人はflickr group : lichtfaktor's photosへGO!GO!


[via]



// no tags

| 22:34 | trackback 0* | comment 0* |


<<薔薇の美しさと棘 | TOP | kotomo一家を漢字で表すと・・・>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/456-4f7435e8

| TOP |


07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。