オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2007.06.30 [Sat] + Days +
方言とkotomo家語

それまで住み慣れた場所を離れて新しい生活を始めたとき、
会話の中で「それどういう意味?」と聞き返されて
初めてその言葉が方言だったと気づくことがあるだろう。

あたしもそうだった。

だからこそ、出身の違う人に伝わらない言葉は
すべて地元の方言なんだろうと解釈してきたのだが、
それらの内のいくつかは地元の友達にも通じないと知ったときの衝撃は忘れられない。

じゃあ、この当たり前のように使い、慣れ親しんできた言葉とはなんなのだ。
一体この言葉たちをあたしは誰から学んだのだろうか。

調査開始からほどなくして、真相は白日の下にさらされることになる。
どうやらkotomo家語というべきものが存在するらしい。
ちなみに発生源はどう考えても母だ。

謎や秘密はそのすべてが明かされたとき、
謎は謎とは呼べなくなり、秘密は秘密を失っていく。




kotomo家語の存在に気づいてからは、それらを把握し、極力他では使わないことで
会話の混乱を招かぬ様に心がけてきたつもりだ。
しかし、それをkotomo家語だと知らない限り、乱用を防ぐことは難しい。

たとえば熱々のゴハンに溶いた卵としょう油をたらしたものを
我が家では『たまごでちゅるちゅる』と呼んでいて、
友人と『小さいころ大好きだった食べ物』について話しているとき
うっかり、ついうっかり、ほんとうっかり、
「たまごでちゅるちゅる大好きだったんだよね~☆」と口を滑らせたもんだから
憎らしくなるほど大爆笑されるハメになるし。

ええいわゆる卵かけゴハンです。
正直、正式名称があるなんて思いもしませんでした。


ちなみにかさぶたをかさぺたと言うのは、やはりあたしオンリーみたいです。




// no tags

| 00:12 | trackback 0* | comment 0* |


<<The Girl is... Puppy? Or Puppet? Or Not? | TOP | 思春期と眼帯>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/433-276d727b

| TOP |


07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。