オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2004.05.17 [Mon] + Days +
限界との戦い

*こんな天気のいい日に、寝汗がびっしょり♪
ああ、体が疲れてるんだねーと実感する瞬間。
寒気が猛烈に襲ってきて、寝ると汗をものすごいかく。

ここんとこ、寝るの嫌いなんだよ。
寝起きがつらくてつらくてたまんないから。
無制限に寝れるならいいけど。

少し前までは長期連休のリズムが抜けないままにいきなりやることが増えて、かなりいっぱいいっぱいになっていた。
さらにその時服用していた薬が体質にあわなかったらしく、起きるだけなのに涙が出るほどつらかったのは初めてだった。
低血圧だしね・・・。
そのころは寝ることを「怖い」と感じたほど。
意識がぶっ飛ぶぎりぎりまで無駄に寝まいとがんばったり。

眠りはじめることを「眠りに落ちる」、英語でも「fall into sleep」などいうけれど、誰でも小さいころ眠りに落ちるその瞬間を確かめようとがんばったことがあるはず。
いや、絶対に。(断言
それでもいつの間にか朝になってて、結局わからないもんだけど。

でもね、あたしはその瞬間を感じたことあるよ。
激しいスポーツの後など、くたくたに疲れているときベッドにはいると体が沈んでいくような感覚を味わったことがあると思うけど
ベッドに横になり、肉体的にも精神的にも限界が近づいているのに、そこであえて逆らい続けていくと、そのうち平衡感覚がおかしくなってくる。
体が浮いたり沈んだり横に動いたりぐるぐる回ったりするような感じを受けたり。
ふと思いついて『自分はジェットコースターに乗っているんだ!』と強くイメージしてジェットコースターを動かすと、体の感覚もまるでそれに乗っているように動きや圧迫感や浮遊感を感じるのだ。
「わーい、次はフジヤマに挑戦だー♪」とソレを純粋に楽しんでいる自分を客観的にやばいと悟り、さすがに寝ようかと気を抜いたとき、一瞬意識が体から軽く浮いた(ような感覚)。

なので、正解は「落ちる」ではなく「上がる」でしたー♪(パチパチ)

もしやこれをうまくコントロールすれば幽体離脱できるのでは?といろいろと試してみたのですが
努力が足りなかったのか、残念ながらそこには到りませんでした。←そゆ問題?
山伏になって、出直してこようと思います。

*魂の重さ-死ぬ直前と直後の体重を量ると、明らかに軽くなっている-は21gだそう。
それを題材にした映画、見てみたいなあ。
てことは、幽体離脱しているときは21g軽くなるのかな。

*3年くらい前、部屋で突然猛烈な吐き気に襲われて呼吸すらままならなくなったとき
漠然と、ああ、あたし死ぬのかなあと思ったことがある。
声も出せず、指一本動かすこともできず、ぼんやり天井を見上げながら覚悟するも、一向に死にそうにない。
さっさとしろよ、苦しいんだよ、ぼけっ!!!と心の中で悪態をつくも、変わらず。
猫は死に際を人に見せないと言うし、絶対に誰かに助けなんか求めたりしないで静かに消えるわぁなんて決心したのに。
あまりにもイライラしたので、どうしようかと考えた挙句、「人は死に際に走馬灯を見る」らしいから、自分で走馬灯を強制的に回してみた。(?

ええと、一番古い記憶って何だっけ・・・あんなこともあったなあ・・・あたしってとんでもない奴だったかも・・・そいや、あんなことを言われて腹立った、今考えてもやっぱりあたしは悪くないじゃん!・・・あの子に謝りたかったなあ・・・

そして、いつしか気を失っていた。

後日、この話を医者の友人にしたとき
走馬灯を回してるとき、良かったことより、いろんなくやしかったことや、やり残したことや、むかついたことを思い出して一人で苦しみながら腹を立ててたと付け加えたら
「・・・あんた、世界の終わりが来ても生き残るタイプだよね」といわれました。
走馬灯を自分でまわす気力がある内は大丈夫だろうと。
しかも優終の美を飾ろうとしないあたり、まだ終わらせるつもりがないんだろう、と。

確かに、否めない。

「今度、患者さんにも自分で走馬灯を回すように言ってみよう♪」と言っていたような気がしますが、今になって、医者としてそういうことは言わない方がいいよと忠告しなかったことに対して心が痛みます。



// no tags

| 00:00 | trackback 0* | comment 0* |


<<IQIQIQ | TOP | ツブヤク>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/36-cde33de3

| TOP |


09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。