オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2007.05.15 [Tue] + News/Media +
マデリンちゃん事件とそれを取り巻く人々

maddie1
ポルトガルの中心部にあるThe holy shrine of Fatima の前で誘拐されたイギリスの少女マデリン・マクカーン(Madeleine McCann)ちゃんの写真を掲げている巡礼者。
May 12, 2007.



maddie2
ポルトガルのラゴスの海岸リゾートのバス乗り場に貼られているマデリンちゃんの懸賞金ポスター。
May 14, 2007.



maddie3
マデリンちゃんのおばであるダイアン・マクカーン(Diane McCann・写真中央)は特別にマデリンちゃんの写真がプリントされたTシャツを着て他の女性たちと共に10キロ女子マラソンに参加した。
in Glasgow, Scotland
May 13, 2007.



maddie4
マデリンちゃんのポスターをバイクに貼りながら走るおっちゃんズ。
on the roads of Algarve in southern Portugal
May 12, 2007.






maddie5
イギリスのサッカープレミアリーグ戦が始まる前に横断幕を掲げるエバートンファン。
at Stamford Bridge in London
May 13, 2007.

"どうか私たちのマデリンを無事に返して"と書いてあります。


maddie6
ビーチの案内板に貼られたマデリンちゃんの写真。
at the Portuguese beach resort of Lagos
May 13, 2007.



maddie7
行方不明になった娘のマデリンについてマスコミの前で声明を発表したケイト・マクカーン(Kate McCann・写真右)と夫のゲリー・マクカーン(Gerry McCann・写真左)。
on the Portuguese beach resort of Lagos
May 14, 2007.



maddie8
マデリンちゃんが誘拐されたポルトガルのラゴスの海岸リゾートの入り口をパトロールする警察官。
May 13, 2007.



maddie9
マデリンちゃん事件の重要参考人として警察に協力するRobert Murat (右)氏 。
in the Portugese beach resort of Lagos
May 4, 2007.

Robert Murat 氏は事情聴取を受けるも、証拠不十分で釈放されています。


maddie10
家宅捜査が行われている現場を護る警察官。
near the Portuguese beach resort of Lagos
May 14, 2007.



maddie11
家の外で待機しているジャーナリストやTVクルーたち。
near the Portuguese beach resort of Lagos
May 15, 2007.



maddie12
Luz beachを歩くマデリンちゃんの両親、ケイト・マクカーン(Kate McCann・写真左)と夫のゲリー・マクカーン(Gerry McCann・写真右)。
in the southern Portuguese province of Algarve
May 13, 2007.

手にしているヌイグルミはマデリンちゃんの愛用品。


maddie
UEFA杯(UEFA Cup)の決勝戦でも
マデリンちゃんの写真。


この写真で気づいた人もいるかもしれないけど、
マデリンちゃんって右目に特徴があるんだよね。
>> Disappearance of Madeleine McCann <<

これはコロボーマ(Coloboma)というもの。
マデリンちゃんは右目の7時の方向に切れ目があります。

上記コロボーマの説明を引用させて頂いた清澤眼科医院さんからのご指摘で
どうやらマデリンちゃんの場合、虹彩上に有る茶色のほくろだそうです。
ご意見ありがとうございます。



英国人少女失踪事件、サッカー中継で捜索呼びかけ - ポルトガル


b
マデリンちゃんがサッカーファンだったことから、
元イングランド代表のデビッド・ベッカム選手らがテレビで情報提供を呼びかけている。
May 11,2007.


↓実際のベッカムの呼びかけ動画↓
'Please, Please Help Us' - Beckham's Appeal


日本での報道はベッカムの呼びかけや実業家たちによる高額な報奨金が注目しがちだけれど
ローカルな記事を読むと本当に国中が一丸となってマデリンちゃんの無事を祈ってます。
コレモスゴイネ。

マデリンちゃんキャンペーンともいえるほど過熱した状況に嫌な陰口をたたく人もいるけれど、少なくともあたしは人々の関心にのぼることはすごく大切なことだと思う。
マデリンちゃんが白人の美少女だからだ、企業の売名行為だ、って言うけれど、それで実際に協力体勢が形づくられてるならいいじゃない。
他にも犠牲者はいるのにえこひいきだというならば、関心が高まっている今こそ声を上げて他の被害者救済を訴えればいいじゃない。

見当はずれに、あげく両親まで高学歴で医者であることを持ち出したり(だから何なんだって感じだけど)、子供たちが寝たあとで散歩に出かけたことを叩くのは、ちょっと視野が狭すぎると思う。
確かに置いていかなければ事件は起きなかったかもだけど、日本とは親子関係の築き方が違うこともきちんと考えないと。
そして自分の家庭とよその家庭も違うんです。
決して夫婦で子供が寝た後に少しだけ散歩に出たことは、子供なんかより二人でイチャイチャしたいだけではないし、まして夫婦ともに普段は医者で多忙だから子供をほったからしにしても何とも思わないからじゃない。
日本の若夫婦がバイクのヘルメット入れに赤ちゃんを放置して死なせた事件と同一視してる姿勢をみるにつけ、ほんと考える力って低下してるんだなーと思う。

将来、自分の子育てを考えたとき
怖いのは自分の子供がいじめをする・いじめられることではなくて
考える力が低下している親と同じ学校に通わせることかなぁとか思っちゃう。。


 all pictures by REUTER

【9/15:追記】
サーチエンジンから直接ここに飛んでくる方も多いので、追記をば。
おそらくはご存知かと思いますが、現在、マデリンちゃんは両親が同じ施設内で、30分おきに様子を見にいっている状況下で行方がわからなくなったことが分かっています。このエントリ当時は『子供を置いて散歩に出かけた』ってなっていますが。詳しいことは関連エントリからドゾ☆

そしてこのエントリは一般論として「子供をおいて散歩に出ることが容認される文化もあるんだから、それを許容すべき」といっているわけではなく、あくまでもこの事件についてのこめんとであること、さらにこの時点で私自身は『マッカーン夫妻の散歩=ホテルの裏口から80Mくらいの砂浜に、部屋の出入り口をみはりながら20分程度いたこと』と理解していたことを付け加えさせてくださいな。(もちろん、それでも落ち度はありますが)
どうやらこの『散歩』についても、中には『半日も平気で放置したまま遊びにいっていた』と捉えてる人もいたようだし。。情報が混乱してますなぁ。

正しく物事を理解し判断しようと、自分でイギリスで報道されているニュースを見つけつつ、事件の行方を見守っている次第です。本当の被害者であるならば、子供を失った上に犯人扱いまでされる両親の心中を察すると、大して根拠もない内から簡単に決め付けてひどい言葉を投げつけてる様子にだけは、いかんせん耐えられない。。


RELATED:
イギリス少女マデリン(Madeleine McCann)ちゃん失踪事件関連エントリ



// no tags

| 22:53 | trackback 3* | comment 6* |


<<さてこれはなんでしょう? | TOP | アニマルABCカード - ただし絶滅危機にある種です>>

comment











管理人のみ閲覧OK


母親(両親?)が犯人だそうです

うーん、やはりこの両親は、ひどい親だったようですよ。。。
欧米では、ベビーシッターを雇うのが一般的なのに、雇わずに、
子供たちに睡眠薬を飲ませて、自分たちは遊びに行ってたそうです。
これって、価値観の違い?って言えます?

2007/09/08 17:16 | なつ [ 編集 ]


>なつさん

知らない間にカウンタが跳ね上がったのはこれかと!
母親が容疑者に、って新事実が出てきたんですね。
もちろん、睡眠薬を飲ませ遊びにいったとか論外です。汗
価値観の違いでもなければ虐待そのものですよ。
取り急ぎコメントしましたが、私自身、日本やその他の国での報道を見てまたエントリします。

2007/09/08 17:40 | kotomo [ 編集 ]


>海老さん

もともと異文化理解に興味があってこのブログでも書いてみようと思い、
海外のニュースやサイトを中心に取り上げているのでそう感じるかもしれませんが
私は別に海外最高アンチ日本ではないです。
和も大好きだし、日本の美徳もすばらしいと思います。
ただ時間等々の制約もあり、限られた中ですべて書くことはできず
自分自身や身の回りから見習いたいもの、取り入れたいもの、聞いて聞いて、ってなものから優先してくと、確かにそうは見えますよね。。。
なんにせよ、アンチ日本ではないし、湯川先生をとりあげたはその辺の意図もありです。

2007/09/08 17:37 | kotomo [ 編集 ]


虹彩コロボーマ

引用ありがとうございます。マデリンちゃんの写真を見ると確かに虹彩に黒い切れ目があり、wikipediaにも彼女にはコロボーマがあったと書いてありますが、この黒い部分は(http://en.wikipedia.org/wiki/Image:Madeleine_close2.jpg)瞳孔の黒色より茶色っぽく、しかも6時ではなく瞳孔の7時方向であること、また瞳孔が丸くて水滴状に変形していないことからも、虹彩の一部が欠損した虹彩コロボーマではなく、虹彩上に有る茶色のほくろのように思います。

2007/06/13 23:29 | 清澤眼科医院 [ 編集 ]


虹彩コロボーマ

>清澤眼科医院さん
ご指摘ありがとうございます。
マデリンちゃん失踪のインタビューのときにお母さんが「マデリンは右目に特徴がある」と話していたので気になってみたところ、おっしゃるようにwikipediaに"A notable identification feature is her right eye that has a type of coloboma"とあったので参考にしました。日本のサイトでは「コロボーマ」「coloboma」ではヒット数自体少なく、一番わかりやすかったので引用させていただきました。
確かにちょっとタイプが違うのかなぁと思いつつ。。
まさかホクロとは思いませんでした!
参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

2007/06/14 05:37 | kotmo [ 編集 ]


>日本とは親子関係の築き方が違うこともきちんと考えないと
いや、日本外でも放置して食事は叩かれてますが・・・。
なんでもかんでも日本は~とか言う人のほうがよっぽどあれかと。

2007/09/08 16:21 | 海老 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/302-07a79f7d

イギリスの美幼女マデリン誘拐事件の盛り上がり
ポルトガルの英幼女誘拐 ベッカムが支援、報奨金も2007年05月12日http://www.asahi.com/international/update/0512/JJT200705120005.html ポルトガル南部で先ごろ、保養地を訪れていた英国人一家の長女マデリン・マクカーンちゃん(4つ)が連れ去られる事件があった。目譜 //アゲンストチルドレン 2007/06/08 07:57


 仮想空間「セカンドライフ」に不明英女児の写真掲載=捜査当局が計画(goo ニュース) (参考ーマデリン・マクカーン - Google 検索)  世の中には、ごまんと行方不明者がいるはずなのに、なんでこの両親がこんなに声高に行方不明の娘の捜索を願って、それに有 //とりもなおさず 2007/06/13 02:47

英女児誘拐 容疑者は母親 動画あり
母親を「容疑者」として取り調べ=英幼女誘拐事件でポルトガル警察 ポルトガル南部の保養地で英国人一家の長女マデリン・マクカーンちゃん(4)が今年5月に行方不明となった事件で、ポルトガル警察は7日、母親のケイトさん(39)を「容疑者」として任意で取り調べる方針を決 //zara's voice recorder 2007/09/08 15:20

| TOP |


09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。