オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2007.05.16 [Wed] + Days +
マイベビー 華子物語

忘れもしない、小学6年生のとき。

シートン動物記、ファーブル昆虫記が大好きだったあたしは
この頃獣医さんになろうかなと思っていた。

だから、『アフリカゾウの赤ちゃんの育て親になろう!』という記事を見つけた3分後にはもう親になることを決めていた。
具体的には、実際に親を密猟などで亡くした赤ちゃんゾウの世話をしているボランティア団体への寄付なのだが『育て親に』というフレーズが心をくすぐったのだ。
詳細事項は英語で書かれていたのにもかかわらず、一生懸命辞書を片手に調べて寄付を送った。


だから、まったく無知だった、とは言わないけれど。


もしかしたら「ホラ、オカーサン(←ワタクシ)似ノカワイイ赤チャンデスヨー」と赤ちゃんゾウの写真が送られてきて「よし、華子にしよう!」とか言っちゃって書道の得意なあたしは【命名 華子】とか書いた色紙を送っちゃったりしたら気を利かせたスタッフが色紙を片手に華子(仮名)と撮った写真を送ってくれて、「イヤーここの撥ねをもっと大胆にすればよかったかなー(照)」とか言っちゃった後、一緒に送られてきた華子(仮名)の右前足拓に気がついてそっと自分の右手を上に重ねてみて「華子(仮名)も大きくなったんだなー(まだ生後4ヶ月なのに・・・)」としんみりつぶやいてみちゃったりとか。

もしかしてオカーサン(←ワタクシ)恋しさに夜泣きが激しくなる華子(仮名)のために「ハーナコ(仮名)♪いい子ね。。」とオカーサン(←ワタクシ)の声を吹き込んだテープが必要になるんじゃないかと気を利かせてスタッフから「申し訳ないのだが我々にはもうどうしようもないのであなたの声の入ったテープを送ってくれマイカ?」とオファーが来る前に作成しておけば“備えあれば憂いなし”よね♪と早速テレコを用意するもハタと気づくは「華子(仮名)には日本語で話しかけていいのか?英語なのか?パオーンなのか?」と考え出したところで答えなんか知る由もなく「日本語なの?英語なの?パオーンなの?日本語なの?英語なの?パオーンなの?・・・」と五巡くらいしたあたりで「おかーさーーーん、ゾウって日本語なのー?英語なのー?パオーンなのー??」と唐突に切り出すもんだから母は奇妙な(神妙な?)面持ちでこっちを見てるし、さてどうしたもんかね?

更にもしかしちゃったもんだから、(中略)こうして華子(仮名)はあと20分くらいでオカーサン(←ワタクシ)に会いにやってくるから、ああどうしよう、まだあたしのお部屋に入るよね?華子(仮名)のお部屋も作ってあげないと!・・・華子(仮名)ここに入るかなあ。。うん、華子(仮名)は右前足はおっきいけど他はちっちゃいゾウってことにしよう♪とかどんどん華子(仮名)像までもがゆがんできたあたりであたしは華子(仮名)のベッドに入れてあげようと用意したクッションを抱きしめながら寝てしまうのだ。


オフロに入りなさい、と声を掛けに来た母はクッションを抱きしめながら眠るあたしをみて、周りにちらばったカラーペンとダンボールくずと“華子(仮名)の部屋”に首をかしげつつ、いつものゴッコ遊びねと優しく毛布を掛ける。


違うのおかーさん、もうすぐ華子(仮名)がやってくるの。


いや来なかったけど。くすん。




// no tags

| 23:54 | trackback 0* | comment 0* |


<<"Volume" インタラクティブな音と幻想的な光の融合 | TOP | さてこれはなんでしょう?>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/301-1f86e16b

| TOP |


09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。