オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2007.02.27 [Tue] + Days +
ボヘミアン診断書

■ ボヘミアン診断書

特徴
人目を少しも気にしない。
偽善という隠れ蓑を着ないで生きている。
世の中で最良のものを独力で得る技術をもつ。
物事をその本当の価値によって評価する。
社会との関係
社会人としては役に立たない。
無目的に気ままに暮らしている。
悪い面
怠惰、不品行、浪費、酒びたり、不道徳、無精、
ぞんざいな仕事ぶり、不正直さ、娼婦をもつ、
礼儀正しい作法を無視する態度、知的無関心、
文明の利器にたいする無関心(低級なボヘミアン)
お金の使い道
思索、読書、旅行、
知的な会話のための余暇
押さえられない欲望
ものを考えたり、観察すること。
想像の世界に耽溺。
禁欲的な面
贅沢品や安楽がなくても陽気でいられる。
文明の利器との関係
買う余裕のある時はすすんでそれらを買い、
しばしば快適な物で身の回りを囲む。
生活のロマンス
赤貧の状態では知的ボヘミアンの生活は成り立たない。
ボヘミアニズムの生活の技術とコツというのは、
わずかばかりのお金で、人生を興味深いものに
するための余暇を得ること。

P・G・ハマトン著 『知的人間関係』講談社学術文庫より抜粋

[参考] ボヘミアン研究


えと、つっこみどころがありすぎて困ります。
「社会人としては役に立たない。/ 無目的に気ままに暮らしている。」とか
「低級なボヘミアン」とか。
“生活のロマンス”はいいね。

2月25日生まれの金銭運:
非常に気前が良いのが特徴。お金とか権力に無関心です。あってもなくても、さほど問題になりません。もし2月25日生まれの人で金持ちがいたとしたら、成功した芸術家か、伴侶が金持ちか、遺産を相続したかでしょう。見ず知らずの人でも困っていれば、自分の財布の中の最後の一円までも貸してしまう、そんな人なのです。・・・


あーこれもすごい当たってる。
あってもなくてもどうせそれなりに楽しんじゃう適応力には自信があるし。
工夫をこらして遊ぶのが好きだし、それにいざとなればお金の稼ぎ方は分かっている強みがあるからこそ、縛られないと思ってる。
貧しいことと貧しくならざるを得ないは天地の差だもんね。
それに、将来は参謀となってカリスマ作るし、
どーせなら伴侶の価値ある才能を引き出すことに力注ぐね。
その方が男の顔も立てられて一石二鳥じゃない。
自分なんかどうでもいい、好きなことしてたーい♪♪

ある友人がね、キャッシュをまとめて手に入れたって一時期話題になったけど
ある人が「お金を手に入れて何が変わりましたか?何が良くなりましたか?」って質問をしたときに「何もかわらないけど、ああ、少なくともお金がないと自分の意思とは無関係に嫌な人に頭を下げなくちゃいけない状況ってのがあったりするよね。そゆのが無くなることはお金をもつことの一つのメリットだよね。」って答えた。

この人はホントにステキな人だ。



// no tags

| 22:30 | trackback 0* | comment 0* |


<<雪舟と桜 | TOP | 回文おまけ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/203-249d8154

| TOP |


09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。