オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2017.06.20 [Tue] + Art/Design +
ジャコメッティ展@国立新美術館

あらゆる無駄を削り取り、引き伸ばされた体。
細く長く伸びるシルエットは、まるでひとの影のようだと思った。



giacometti17-20.jpg
左《女性立像》1952頃
右《髪を高く束ねた女》1948



この奇妙な彫刻の作り手は、アルベルト・ジャコメッティ。フランスで活躍した20世紀のヨーロッパにおける最も重要な彫刻家のひとりです。線のように長く引き伸ばされた体は重さすら感じさせず、一見とても華奢ではかなげですが、前に立つと、その存在感にただ圧倒されます。


私とモデルの間にある距離はたえず増大する傾向をもっている。
「もの」に近づけば近づくほど、「もの」に遠ざかる。




「見たものをそのまま見た通りに描く」というのは多くの画家たちが挑戦してきたことですが、ジャコメッティの奇妙なところは、その通り作りつづけるうちにどんどん対象がちいさくなっていったことでしょう。ついに人物立像はマッチ箱のサイズまでちいさくなり、細部は失われていきます。

けれどそれの大きさこそが、ジャコメッティにとって見たときのありのままの印象だったのです。


giacometti17-34.jpg
《歩く男》1959


僕が作りたかったその女性の彫刻は、通りで彼女を少し離れてみたまさにその瞬間の彼女のその見え方(ヴィジオン)を日上位に正確に実現することだったのだ。だから次第に、彼女がその距離で離れていた時の大きさをこの彫刻に与えるようになっていったのだ。(図録より)



その後、ジャコメッティはこの極小化してゆく世界を振りはらうように、より大きな作品の制作へと舵を切っていきます。



giacometti17-15.jpg
《林間の空地、広場、9人の人物》1950


大きな人物、ちいさな人物、すれ違い、あるいは佇んでいるのでしょうか。表情の見えぬ彼らは、知り合いなのか、偶然居合わせた通行人なのかはわからないけれど、不思議な既視感を得たのは、自分のこころの中にもあるどこかの広場の光景や誰かの佇まいに似ていたかもしれません。ジャコメッティの言う「見た通り」とは、彼のこころに残った光景や印象と同義で、それが思いがけず自分とつながったような気がして。



giacometti17-33.jpg
《ヴェネツィアの女 Ⅰ-Ⅸ》1956


giacometti17-31.jpg
左《歩く男Ⅰ》1960
中央《大きな女性立像Ⅱ》1960
右《大きな頭部》1960


そうして辿り着いた本展覧会のメインともいえる間。《歩く男》《女性立像》《頭部》はジャコメッティが後期に好んで制作したというモチーフですが、チェース・マンハッタン銀行プロジェクトのためにつくられたこれらの作品の注目すべきところはその大きさでしょう。抑えられた照明が人の影のような像の足元にさらに影をつくり、観る位置を変えるたびにそのシルエットを揺らし。まるで生きているかのようで、見上げるほどのその男は、まさにいま一歩一歩と進みだしているようでした。

作品が大きくなればなるほど、全体を見渡すためには一定の距離が必要となります。その距離感、鑑賞者であるわたしと作品を包み込む空間が、とても心地よかったです。



◼︎ 人物以外の作品


もっぱらモデルとして人間を選んできたジャコメッティですが、1951年に2頭の馬と1匹の猫、そして1匹の犬を制作している。今展覧会では、《犬》と《猫》が来ています。見どころのひとつですね。


giacometti17-10.jpg
《犬》1951

《猫》のモデルは弟が面倒をみていた猫ですが、《犬》のモデルははっきりしていません。痩せこけた姿、寂しげに丸められた背中に垂れたしっぽと頭。野良犬なのか、あまり覇気のないように感じられるその犬に、ジャコメッティは自身の姿を重ねたといいます。「孤独というものの、至高な壮麗化」と評されるこの作品には、多くのひとが長く足を止めていました。

ずっと前からぼくの心のなかに、どこかで見た中国犬の姿があった。それから、ある日、ぼくは、雨のなか、ヴァンヴ通りを歩いていた。建物の壁に沿って、頭を下げて、おそらく少し悲しみを感じて。ちょうどそのとき、ぼくが自分を犬のように感じた。それであの彫刻を作った。しかし、ほんとうはまったく似ていない。ただ悲しげな鼻面が少しだけ似ているにすぎない(図録より)



giacometti17-36.jpg
《真向かいの家》1959


1926年に移り住んだパリのイポリット=マンドロン通りのアトリエをいたく気に入り、生涯をその慎ましい部屋で過ごしたジャコメッティ。この《真向かいの家》はアトリエの向かいに建つ家を描いたものだそうです。この展覧会には彫刻のみならずさまざまな絵画や版画なども展示されていますが、いちばん好きなのがこの作品です。なにがと訊かれると答えるのはむずかしいですが、単なる色使いではなく、明るいなにかが描かれているように感じられ、こんな作品もあるんだなと驚きました。



giacometti17-30.jpg


初期のキュビズム・シュルレアリスム的作品群にも意外性がありました。以降の作品とは異なるボリュームのあるぽってりとしたフォルム、すべすべとなめらかな表面。より記号的で象徴化した表現はまた別の魅力がありました。これらもまた「見えるまま・感じられるままに」作り出したジャコメッティのもうひとつの目なのでしょう。


ひとつの彫刻はひとつのオブジェではない。それはひとつの問いかけであり、質問であり、答えである。それは完成されることもあり得ず、完全でもあり得ない。




   *   *   *


この展覧会では初期から晩年まで、彫刻、油彩、素描、版画など、選りすぐりの作品132点が出品されます。現状に慢心せず、つねに変化を模索しつづけて来たジャコメッティ。その大回顧展と呼ぶにふさわしい、見ごたえのある展覧会でした。

9月4日まで。


*すべての写真は主催者の許可を得て撮影しています


ジャコメッティ展

会期:2017年6月14日(水)〜9月4日(月)
会場:国立新美術館
開館時間:10:00〜18:00 毎週金曜日、土曜日は20:00まで
     ※入場は閉館の30分前まで

休館日:毎週火曜日


// no tags

| 18:27 | trackback 0* | comment 0* |


<<【特別展】没後50年記念「川端龍子 ー超ド級の日本画ー」展@山種美術館 | TOP | フランスの桜の花言葉:忘れないで(Ne m’oubliez pas)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/1585-b49058e5

| TOP |


10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。