オレンジのR+ //
2016.09.10 [Sat] + Art/Design +
「驚きの明治工藝」展

東京藝術大学大学美術館で開催されている「驚きの明治工藝」の特別内覧会に参加してきました。その感想をまとめてみます。


明治時代、あらゆる分野で写実的な表現の追求がなされ、職人たちは競うように技巧を凝らした作品たちを生み出しました。それらは主に輸出を目的につくられ、実際に海外で高い評価を得るのですが、それゆえ日本でその卓越した技術が広く知られることはなかったのです。ーーー

振り返ってみると、たしかに明治時代の工芸品てあまり見たことがない気がする。どんな作品に出会えるかとワクワクしながら会場へ。



まず入り口で出迎えてくれたのは体長3メートルにもなる、圧倒的な存在感を放つ龍。これ、自在置物なんです。これが見たかった。


odo_me3.jpg
 《自在龍》宗義


自在置物:
鉄や銅などで、龍、蛇、伊勢海老やカマキリ蝶、トンボなどの昆虫を写実的に作り、しかもその動物が本来的に持っている胴や手足などを動かせる機能までをも再現した置物。


戦乱も落ち着いてきた江戸の中頃から鎧兜の需要が減り、職を失いかけた甲冑師たちが技術伝承と収入確保のため、その卓越した技術を応用し自在に動く置物を制作するようになったのがはじまりといわれています。
各パーツを細かく独立させて作り、それらを組みあわせることで、胴体や関節の曲げ伸ばしなどの自由な動きを可能にしているのです。


odo_me22.jpg
 《自在伊勢海老》明珍清春


伊勢海老は触覚を前後に屈伸させたり、腹部を内側に折り曲げることができ、


odo_me19.jpg

odo_me18.jpg
 《自在鷹》板尾新次郎


鷹は羽ばたいたり羽を休めたり。


odo_me24.jpg
 《自在烏》明珍宗春


羽のつくりこみが本当に美しい。
好きなんですよね。うっとりと眺めてしまう。



実際に自在蛇を動かしてみると……

*音がでます



自在蛇にょろニョロ。いや、その「にょろニョロ」できることがすごいんですが。
とても鉄でできているようには見えません…!



もちろんすごいのは自在置物だけではなく。
たとえば、一度彫ったらやり直しがきかない木彫はそれゆえ作り手の力量を如実に反映してしまうもの。だからこそ伝わる技の凄さ。


odo_me5.jpg
 《亀合子》為隆

odo_me50.jpg
 《髑髏に蛇》亮之


骨、歯、蛇。ーーーおなじ木なのに彫りだけでここまで異なる質感をリアルに表現できるものなのかと。


odo_me6.jpg
 《柄杓蛙》宮本理三郎

odo_me7.jpg
 《春日 竹に蜥蜴》宮本理三郎


これらもすべて木彫作品。蛙も蜥蜴も木、どう見ても竹だけれど木。笑
そっくりなだけではなく、生きているぬくもりまで感じられるようです。


中にはあまりのリアルさゆえ、なにでできているか外観からは想像もつかないものもありました。


それぞれ何でできているかわかりますか?


odo_me21.jpg
 《竹筒煙管筒》橋本市蔵


こちらは紙に漆を塗ったもの。
この節の具合といい、どうして紙でここまでつくれるのか……などと考えるのは愚の骨頂、素直に驚いておくのが正解でしょう。


odo_me32.jpg
 《塩鮭》加納鉄哉


この塩鮭は手に取らない限り絶対に作り物だとはわからないはず。
どこからどう見ても塩鮭そのものですが、その素材はなんと牛角!
この展覧会のNo.1騙サレルヨロコビはきっとこの塩鮭だと思います。ただ楽しい。


作品をみて精緻さに驚き、その材質を見て二度驚き。次は何が出てくるのかとワクワクしました。つくる職人の、手に取った人をどう驚かせてやろうとかいういたづら心すら感じられるようで。



ほかにも多岐にわたる技巧の数々。


odo_me10.jpg
 《背負籠香炉》海野勝珉


odo_me11.jpg
 《秋草鶏図花瓶》涛川惣助


odo_me12.jpg
 《薩摩焼送子観音花瓶》藪明山


高さ約12センチほどの小さな花瓶にこれだけの細やかな描き込み…。
過ぎ行く人の足を止めていました。


odo_me31.jpg
 《魚五趣根付》藻泉


わずか3.8×1.5センチの小さな世界。いわばチロルチョコをひとまわり大きくした程度のサイズ感。そこにお魚がてんこもり。
なんとなく食品サンプルが思い出されて、日本人はむかしからこういうものが好きだったのかななんて思ったり。



さて、わたしにとって今回の展覧会の収穫は「山田宗美」と「天鵞絨(ビロード)友禅」でした。



■ 山田宗美の鉄打出技法


odo_me14.jpg
 《兎》山田宗美


なんとも愛らしいうさぎさん。まるで手でこねてつくったような柔らかな味わいと丸さがありますが、なんとこれ一枚の鉄を打ち出してできているんです!
これには驚いた。

鉄打出:
一枚のごく薄い鉄板を均一の厚さを保ちながら
内側から金槌で打ち出し、再び外側からも打って細く絞って精巧な立体造形をつくり出す技法。山田宗美が独自で創案。


宗美による「鉄打出」、実際はどのように行われていたのか詳細を伝える資料は残されておらず、現代の技術では再現不可能な幻の技法なんだそうです。
鉄は銅や銀と違って冷えると弾力性がなくなり加工が難しく、破損しやすい。宗美自身、制作途中で数百点もの失敗を繰り返したとか。そうした苦労の末に「鉄打出」の技法を生み出した宗美は、まさに稀代の天才といえるでしょう。


odo_me13.jpg
 《古獣文壺》山田宗美


隣には山田宗美の筆頭弟子、黒瀬宗世の作品もありました。


odo_me15.jpg
 《ライオン》黒瀬宗世


さて、再びクイズです。
このライオン、重さはどれくらいだと思いますか?

ヒントは、一枚の鉄を打ち伸ばして丸めて造形しているので、中はとうぜん空洞になっています。見た目に反して実物はとても軽いんですよね。


odo_me16.jpg


正解:
こちらのライオンはわずか490g!

450gの鉄の塊と比べると、どれだけ薄く均一に鉄を打ち伸ばし丸めては形づくっていったのかがわかる気がします。
その執念と技巧の素晴らしさにため息。


いやぁ、、、まいりました。



■ 天鵞絨(ビロード)友禅


odo_me27.jpg


一見ただの絵画かなと思い、近づいてそれが織物だと気づいたときの衝撃たるや!!


odo_me28.jpg
 《厳島神社鳥居図壁掛》無銘


odo_me30.jpg
 《月下港辺図壁掛》無銘


ビロード友禅とは、その名の通りビロード地に友禅染めを施していくわけですが、よく見ると部分的にビロードの表面のパイルを残したり切ったり、その微妙な加減が画にさらなる奥行きと光を与えていました。
見る角度によって水面は一層輝き、あるいは背景の木々に影のような濃さを落とし、それは絵画以上の表現を持っていたといってもいいのかもしれません。


odo_me34.jpg
 《港湾図壁掛》部分 無銘


こちらにいたっては、精緻さとビロードの輝きや生地の糸目が相まって、まるでデジタルアートのようでした。
ただ、すごい。


*上記3点は前期(〜10/2)のみの展示、後期(10/4〜)はまた別の作品に変わるようです。ご注意を。



日本人の知らない、日本職人による銘品の数々。それはそれは、本当に「驚き」の連続に満ちていました。
大変勉強になりました。


まだまだあなたの知らない、素晴らしい日本の技がある。ぜひ堪能してみてください。




 >> 「驚きの明治工藝」公式HP @東京藝術大学大学美術館 9/7〜10/30
 >> 山田宗美の香炉 - 開運なんでも鑑定団:山田宗美について調べている内に発見!宗美の孫にあたる方からの鑑定依頼。本人鑑定額1,500,000円の香炉ははたして…!
 →「大変薄く、指二本で持ちあげると紙のよう」「ただ、明治30年頃の作品の方がもっと薄い」ってどれだけ薄く繊細な作品なんでしょうね…。

// no tags

| 00:28 | trackback 0* | comment 0* |


<<山種コレクション名品選Ⅳ『日本画の教科書 東京編』 | TOP | 欲しいものなど>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/1579-ffaf1719

| TOP |


03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示