オレンジのR+ //
2013.03.18 [Mon] + Art/Design +
夜のルーベンスに逢いに

先日Bunkamuraザ・ミュージアムで開催されたルーベンス展『ブロガー・スペシャルナイト』へ。
閉館後の会場を貸し切る贅沢。まずはルーベンスの描く世界を堪能する。


1827年の4月のある昼下がり、老人と若者が1枚の絵を眺めていた。老人に問われるままに、若者は描かれた情景について語り始める。「いちばん奥には、たいへん明るい空が見えます。陽が沈んだばかりのようです。同じく遥か彼方に村と町がひとつずつ、夕映えのなかで輝いています。画面のまん中に道があって、羊の群れが村へと急いでいます。右手には干草の山が並び、今しがた干草を満載した荷車があります。その脇では、馬具をつけたままの馬が草を喰み、そばの繁みの中でもあちこちで子馬をつれた母馬が草を食べています。このまま夜も外にいるのでしょう。さらに手前には大木がかたまって生えており、最前景左手には、家路をたどる農民たちがいます」

すると老人は、画中の光の向きについてさらに問い掛ける。このソクラテス風の誘導により、若者は、前景の農民たちとその向こうの木立とが相反する側から照らされているという、自然にはあり得ない状況が起こっていることに気付く。そこで老人は、芸術の自律性を自然の必然性に優先させることにより、かえって現実の自然よりも自然らしく美しい自然を画中に現前させているところに、この絵の作者ルーベンスの偉大さを指摘するのである。老人に傾倒し、自然について、人間について、そして芸術について、彼が日々親しく語りかけてくれる言葉を忠実に書き留めるのを喜びとしていた若者、すなわちエッカーマンは、この対話の一部始終も記録に留めた。そこでわれわれは、晩年のゲーテのルーベンス評と、それに託して披瀝された彼自身の芸術観を知ることができるわけである。


 ――エッカーマン『ゲーテとの対話』第3部、1827年4月18日



《アッシジの聖フランチェスコ》の前に立ちながら、そんな話を思い出していた。


rubens-Francis_of_Assisi.jpg
ペーテル・パウル・ルーベンス(工房)
《アッシジの聖フランチェスコ》 1630年代中頃


その背景は一面の空に覆われ、しかも地平線に近づくほど明るく、けれど朝焼けや夕焼けの類とは思えずなんだかこの世の空ではないかのよう。だからこそ空の青さが不思議と目立つ。足元に寄り添う羊。腕の組まれた胸元に差す光もまたなにかの暗示なのだろうか。
宗教画的に細部まで描き込まれた絵が多い中、そのシンプルさと漂う日常的な非日常的背景の絵に自然と目がとまった。


Pieter_Paul_Rubens_Christ_Risen.jpg
ペーテル・パウル・ルーベンス
《復活のキリスト》 1616


その《アッシジの聖フランチェスコ》となりにあったのが、《復活のキリスト》だった。《復活のキリスト》はこのルーベンス展につけられたキャッチコピーを思わせた。「バロックの真髄」。真髄を語れるほどバロックについて知識が深いわけではないんだが、以前のリヒテンシュタイン展で感じ取った「バロックとはなんぞや」というところでの、もっともバロックらしいと感じられた一枚だ。過去記事:バロック美術とは~リヒテンシュタイン展よりバロックの理解を引用すると、


>>>>>>>> ココカラ >>>>>>>


■ バロック美術とは


バロック美術:
16世紀末から18世紀にかけ欧州全域に見られた様式。ルネサンス美術が左右対称や均衡を重視するのに対して、流動的、対角線構図、曲線的、コントラストのはっきりした構図などが特徴で、それらは力強い生命感やダイナミックな躍動感、劇的な感情表現や臨場感を生みだしている。



図録にあるバロック美術の解説がわかりやすくて良かったな。ミケランジェロとベルニーニによる《ダヴィデ像》の比較。ルネサンスとしてミケランジェロを、バロックとしてベルニーニを。


david-Michelangelo-galleria.jpg
ミケランジェロ作《ダヴィデ像》

david-bernini-galleria.jpg
ベルニーニ作《ダヴィデ像》


おなじダヴィデであって、静的で直線的なミケランジェロの《ダヴィデ像》と、身体をひねることでうまれる躍動感、斜めのラインや曲線、"瞬間"感や表情のあるベルニーニの《ダヴィデ像》。全然ちがうよね。バロック的表現とは何なのかつかみやすい。


ちなみに、わたしの中では「バロックとは襞である」ってイメージです。

バロック絵画における流動感と複雑さは襞によって生み出されるもの。相反する要素は襞のように折り重なり、交わりながら調和していく。たとえば絵画における光と影であっても、直線では分離することなく、互いの領域は交じりあい、微妙な曲線とグラデーションとなって描かれたり。

あるいは人の感覚に直接的に訴えかけてくる豪華な装飾や錯視効果を襞のようだと直感的に捉えてもいい。描かれる劇的感情表現とはこころの襞のあり様だし、ぶつかり合うふたつの力によって生じるねじれや歪みは襞ともなれる。つまり、そういうことではないかと。


<<<<<<< ココマデ <<<<<<<


ブロガーナイトの講演会場は贅沢にもこの二枚の絵を背にしていた。時間になるまで椅子に座りながらゆっくりとその二枚を堪能した。


rubwns_night4.jpg
※展覧会場内の撮影は主催者の許可を得ています


宮澤学芸員×小林悠アナウンサーのトークではルーベンスの万能人ぷりなどについて。アントウェルペンで大規模な工房を経営し、生み出された作品はヨーロッパ中の貴族階級や収集家間でも高く評価されていた。またルーベンスは画家としてだけではなく、古典的知識を持つ人文主義学者、美術品収集家でもあり、さらに外交官としても活躍してスペイン王フェリペ4世とイングランド王チャールズ1世からナイト爵位を受けている。まさしく当時のスターだったそうだ。

 >> 参考: 学芸員によるエッセイ - 「超人」ルーベンス その華麗なる人生と芸術


rubens_pic1.jpg
ペーテル・パウル・ルーベンス(工房)
《自画像》 1622-1628


ルーベンスといえば、よく比較としてレンブラントが挙げられる。光と影の効果をつかって劇的な表現を生み出していたレンブラントに対して、なんというかルーベンスの絵は明るい、と感じた。正面から向き合っているというか、捉えているというか。同じように肖像画家として名をあげ名声を得たわけだが、晩年になって二度目の結婚をし、子宝にも恵まれたルーベンスと、晩年には私生活におけるたび重なる不幸と浪費癖による財政的苦難にあえいだレンブラント。描き続けていた絵にそれぞれの末路の光と影も暗喩されていたのかと勝手に想像したくなるほど、ルーベンスの絵は「明るい」。そしてどっしりとして「正面」がある。そんな印象を受ける。

それともうひとつ、独特のツヤ。大胆におかれた白のハイライトは光というよりツヤを思わせた。


rubwns_night5.jpg
ペーテル・パウル・ルーベンス
《髭をはやした男の頭部》 1609


実はこの展覧会でいちばん気に入ったのは、宗教画でも版画でもなくこの絵だったりする。すぐ隣にある《兄フィリプス・ルーベンスの肖像》と比べてみるとおもしろい。《毛皮をまとった夫人像(ティツィアーノ作品の模写)》をみても、手本とした作品より女性はふくやかに、そしてハイライトが入れられていたり。肌にのせるハイライトが単なる光ではなくツヤに変わるのがルーベンスらしいなと思った。

ところで、肉感的でふくよかな女性を作品に描くことを好んだルーベンスのこと、後世になってルーベンスが描いたような肢体の女性を「ルーベンス風」あるいは「ルーベンスの絵のようにふくよかな (Rubenesque )」と呼ぶことがあり、現代オランダ語ではこのような女性を意味する「Rubensiaans」という言葉が日常的に使用されているという。

このルーベンスが描く女性のふくよかさと『なぜネロはルーベンスの絵を見たがったのか?』をからめたおもしろい考察を見つけたので紹介する。3ToheiLog - 中二病的絵画見聞録(1) ルーベンス:天国を捏造する画家より


ルーベンスの必殺技は、筋肉そして「脂肪」を異様に誇張して描きこなせる能力だろう。中国武術では「人間は水の袋と思え!」とか言うけれど、ルーベンスの描く人間、とくに女性と子供は脂肪をべったりと身にまとっている脂肪の袋だ。そしてまた、ルーベンスは筆のタッチで派手な「流れ」を作るのだ。だから、筋肉も脂肪も存在感が20パーセント向上。
その脂っこい流れっぷりは、やたらに触角的でぷにぷにした手触りを想像させる。(中略)

「筋肉と脂肪の力で、天国を捏造する画家」。
僕のみたルーベンスはそんなイメージだ。

そんなわけで、ルーベンスの絵は、脂っこい。物凄く脂っこい。
だから、三枚以上目の前にあると胸焼けしかねない。しかも大量のお弟子さんを抱えて山のように作品を残している。しかもその一つ一つが巨大で、平均で10人以上の人が群れを成している群衆絵。そんな絵を美術館に集めてしまうのだから、胸焼けしてしまう。

こうしてみると結局、ルーベンスと言うのは、城や教会に置くための絵を「キャッチーな絵」を作成できる一流職人だった。

だからひたすら絵がでかい。ものすごくでかくて脂っこくて圧倒的な絵を描く。
一枚で教会ごと天国に運んでしまうような大味の絵を描く。
ルーベンスとはそういう画家だったと思うのだ。

「この馬鹿でかい絵を教会に一枚置いておけば、おまえら天国に連れてってやるぜベイビー」みたいな、免罪符的な箔付けを可能にする力技の絵。

そして、その絵を作る才能を資産にして、当時のヨーロッパを席巻して見せた画家だった。



こう考えてみると、フランダースの犬のネロが憧れた対象がルーベンスだったと言うのは、とてもしっくり来るような気がした。
ルーベンスほど、「絵の中だけにひきこもって天国を捏造できる画家」というのは、稀だからだ。(中略)

しかし、ネロが求めていたのは、そういうことなんではないだろうか。
箱庭のような天国。
それを作ることで世界に認められた大画家。

「現実の世界を描く」なんてしみったれた姿勢は、ルーベンスには必要ないのだ。全ての幸福を絵の中に押し込めて、自分ひとりで天国を作成する。
それは、客観的には、きっと天国の捏造でしかない。
でも、パン半分でも無いよりはましと言うではないか。脂っこく捏造された天国でも、それで「おなか一杯」になるのだ。
それがバロッククオリティ。

一人の人間の光と影を描いたレンブラントの絵では、ネロは救われまい。
フェルメールの孤独で静寂な美では、ネロには寂しすぎる。
まして世界のフラストレーションを描いたゴヤの絵では、ネロは救われない。
やはり、ネロは、ルーベンスの絵を見なければならなかったのだろう。


「とうとう見たんだ!」と、ネロは大声で叫びました。「ああ、神様、これで十分です。」  (フランダースの犬、ヴィーダ作、野坂悦子訳)




おもしろい。思わずうなづいてしまうような説得力がある。
ネロにはルーベンスこそがふさわしかった。
作品を観ていくうちにそのことがわかった気がする。


rubwns_night2.jpg
リュカス・フォルステルマン(ルーベンス原画)
《キリスト降架》 1620の年紀


ネロが見た、あの絵の版画も来てます!


rubwns_night3.jpg


「ルーベンスと版画制作」の章もかなり充実していたのだが、わりと軽めに流してしまったのだけれど、あとで知人に「版画はあの当時の彫り方の技法自体に彫る人の個性が出るのでおもしろいですよ」といわれて、そういう見方があったかとひざポン☆ 線を重ねていき、そのものの色や質感、表情や緊迫感を描く技術は単純にすごいと言わざるをえなかった。

ちなみにルーベンスは版画師に彫らせる際は版権を押さえ、クオリティーコントロールを徹底したそうで、あまりにも細かい注文に切れた職人により、ルーベンスの暗殺未遂事件が起こったとかなんとか。

ルーベンスの監督が成功を収めたことは、この若者、すなわちリュカス・フォルステルマンによる版画が、形態や明暗のコントラストばかりでなく、対象の材質感や色彩感まで含めた原画の見事な再現になっていることから、充分に立証される。もっとも、版画家に対するルーベンスの要求があまりに厳しいものであったためか、1618年頃始まった両者の協力関係は、早くも1623年に、フォルステルマンによるルーベンス暗殺未遂事件(詳細は不明だが、ルーベンスの身辺警護を友人たちがネーデルラント総督に願い出たり、ルーベンス死亡の誤報がパリまで流れたりしたことが記録されている)というドラマティックなフィナーレをもって終結した。しかし、短期間とはいえ、フォルステルマンの貢献は量的にもめざましいものだった。先に引用した知人宛の手紙に、ルーベンスは当座の刊行予定作品のリスト(註6)を添えているが、全18点のうち13点がフォルステルマンにより版画化されている。ルーベンスはこの人材を得て版画制作に組織的に取り組める見通しがついた時点で、各国に独占刊行権を申請したものであろう。

[Web Library ルーベンス工房の版画制作]



次回はぜひゆっくりと版画を堪能したいな。
弐代目・青い日記帳のTakさん、美術館の方々、素敵な企画をどうもありがとうございました。



「ルーベンス 栄光のアントワープ工房と原点のイタリア」
Rubens: Inspired by Italy and Established in Antwerp


会期:2013年3月9日(土)~4月21日(日)
開催期間中無休
開館時間:
10:00-19:00(入館は18:30まで)
毎週金・土曜日21:00まで(入館は20:30まで)
会場:Bunkamuraザ・ミュージアム
http://www.bunkamura.co.jp/museum/


出口にてパトラッシュもご来場をお待ちしております☆


rubwns_night6.jpg

パトラッシュ基金(盲導犬育成普及支援) に募金された方にはもれなく特製の栞のプレゼント!

// no tags

| 01:04 | trackback 0* | comment 0* |


<<ゲームです | TOP | 夜の狭間>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/1562-e1f49aa1

| TOP |


03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示