オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2012.12.10 [Mon] + Days +
サントリーの奇跡の青バラ「アプローズ」と花言葉

「ランメルモールのルチア」を観に行ったときのこと。サントリーホールの片隅でひっそりと咲く一輪の薔薇があるのだと教えてもらった。



suntory_blue_rose_mn.jpg



これは植物の木彫で知られる須田悦弘氏の作品。なんのキャプションもつけられていないため、その存在に気付かず通りすぎてしまう人も多いことだろう。

小ホールホールの入り口上で静かに咲き誇るその花は目にも鮮やかなブルーの色を纏う。



青い薔薇


恋人を喜ばせようと僕は摘んだ

赤い薔薇と白い薔薇を。

恋人はどちらの花束も受け取らない…

彼女は青い薔薇を摘んできてねと言った。

僕は世界の半分をさまよった、

青い薔薇が咲く土地を探して。


 ーーーラドヤード・キプリング



バラの花びらには青色色素がないことから、その存在は不可能の代名詞とされてきた青いバラ。花言葉は「不可能」「あり得ないこと」。はるか昔から物語や詩の中ではしばしば神秘や永遠の夢として描かれてきた。

そんな折、2004年にサントリーとオーストラリアのカルジーンパシフィック社(現:フロリジン社)との長年の共同研究開発を経てついに世界ではじめてとなる青いバラを完成させる。そのほぼ100%青色色素からなるバラの名は「SUNTORY blue rose APPLAUSE(サントリー ブルーローズ アプローズ)」、"喝采"の意味を持つ。


applause_1.jpg


絶対不可能といわれた青いバラの登場にともない、その花言葉も「不可能」「あり得ないこと」から「夢かなう」へと変更されたという。うわー、なんて素敵なエピソードなんでしょう!


applause_6.jpg
applause_3.jpg


2009年から一般販売も開始されたアプローズ。その「夢かなう」の花言葉になぞらえて、大切な人に、大切なときに、特別な想いをこめて贈りたいな。



ところで、アプローズの他にも一般に"青いバラ"と称されるバラがある。

ひとつは、ベンデラブルー。


blue_roses00.jpg
blue_roses02.jpg


「ベンデラ」という大輪の白バラに特殊染料を吸わせて青く仕立てた、オランダからの輸入品。特殊染料はエミネンスという食紅と同じような成分で、食べても人体に影響がない。染め上がったのち、すぐに出荷されてヨーロッパ、アメリカへと輸出される。日本の市場は2パーセントだそう。


もうひとつは、一般的な交配による品種改良をかさね、花びらの赤系色素を減らすことで "青色のように見える" バラ。「ブルーヘブン」や「青龍」「ターンブルー」あたりが最も青に近いとされ、"青系バラ"とも呼ばれている。

アプローズやベンデラブルーはその製法が特許で守られているため、わたしたちが手にできるのは切り花のみだが、青系バラなら苗から育てることができる。その色味は品種や育成環境によって薄紫~やや青みがかった白~薄い水色まで、とばらつきがあり、やはり基本的に青を前面に出すのはむずかしいのかな、という印象。

ハナコケコの園芸日記さんに実際の青龍(HT)、ターンブルー(F)、ブルーヘブン(F)の色味の比較がある。全体的にこの青の出方はかなりの成功例だと思う!赤系色素を減らすべく品種改良しただけあって、ある意味アプローズより青らしい青バラかもしれない。



さて、話はくるりと戻って、サントリーホールの小ホールに咲く青いバラのこと。


suntory_blue_rose_ent.jpg
suntory_blue_rose_up.jpg


この小ホールは2004年の青バラ完成を期にその名を「ブルーローズ」と改め、その際に須田さんの青いバラが飾られたという。そのブルーローズの命名には、『メインの大ホールはクラシックの桧舞台、目指す頂点。プロの中でもトップの人しか上がれない。けれど、小ホールは成功を夢見る挑戦者の舞台であってほしい』というサントリーの願いがこめられているんだって。素敵だね。



applause_8.jpg




「不可能」から「夢かなう」へと花言葉を変えた奇跡の青いバラ。

いつでも心に一輪、咲いているよ。




関連リンク
 >> SUNTORY blue rose APPLAUSE(サントリーブルーローズ アプローズ)
 >> 青いバラ開発概要 - サントリーの研究開発
 >> マガジンワールド |世界で一番青いバラ、サントリーブルーローズ「アプローズ」登場。
 >> 青バラ 青龍(HT)、ターンブルー(F)、ブルーヘブン(F) - 趣味は園芸、再び。

Tags //

| 05:15 | trackback 0* | comment 0* |


<<3月のライオン、その心は | TOP | マリインスキー歌劇場管弦楽団 「ランメルモールのルチア」コンサート形式>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/1533-885a10f9

| TOP |


09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。