オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2012.12.08 [Sat] + Music +
マリインスキー歌劇場管弦楽団 「ランメルモールのルチア」コンサート形式

先日のことですが、ゲルギエフ指揮マリインスキー歌劇場管弦楽団+ナタリー・デセイによる「ランメルモールのルチア」を観てきました。

オペラといえば、ヨーロッパなどの旅先で足を運ぶ程度であり、つまりあくまでそれは旅行の日程の都合の上に成り立つ選択でしかなく、誰が歌うから誰が来るからという能動的選択ではなかった。ところが今回は偶然にもオペラ好きの友人にチケットを譲ってもらえることに。

その世界を知るには、まずは王道、一流に触れてみるべしというのがそもそものわたしの持論。前から二列目右側という良席につられて足を運んでみることにした。友人の力強いサポートを経て、二ヶ月も前から予習と称してのCD・DVDをばっちり聴き込みをして備えるという気合のいれようだったのですヨヨ☆


201211opera.jpg


…ただただ圧倒された。ああ、これが歌って演じることなのかと。これが歌劇なのかと。彼女の声はまるで黄金色の蜂蜜を連想させた。その輝く黄金色、なめらかでしっかりとした張り、一匙のスプーンから垂れる細くほそくけれどけっして途切れることのない蜂蜜の糸のよう。響きは襞のように重なりながらまたひとつに溶けていく。

第1幕の恋の幸福感に浸る純粋さと喜びや第2幕の絶望と悲しみ、そしてグラスハープとの掛け合いだけで魅せる狂乱の場。。その表現の豊かさと寄せる感動の波は鳥肌がたつほどで、気がつけば涙があふれていた。ひとこと、すごい。


ところで、日本では「グラスハープ」と総称して呼ばれることが多いけれど、一般にグラスハープといえば、水で濡らした指先でゴブレット(ガラス製足付酒杯)の縁を指でこすって音を出すもの。一般にわたしたちが「グラスハープ」と聞いてイメージする、あれです。

その後1716年になると、ベンジャミン・フランクリンがグラスを1本の軸に通してその軸を回転させ、触れるだけで音が出るという機械式のアルモニカ(グラスハーモニカともいう)を発明。その美しい音色は世の音楽家や人々をとりこにし、一気にヨーロッパ中に広まっていった。


franklin_glasharmonika_.jpg
Benjamin Franklin / Glass Armonica, Germany, Berlin


以前にニューヨークのMETで友人が「ルチア」を観劇したときに使われていたのは、このアルモニカだったそう。


_DSC1243.jpg
横についたハンドルを手でぐるぐると回しながら演奏するタイプ。オペラ・ブログより。


けれど今回の公演で使用されたのは↓こちらのグラスハープ。


lucia_verrophon.jpg
コーラスで参加された塚田堂琉さんのブログPalcoscenico e Biciより


ガラス管の長さによって音階をつくられ、グラスハープとおなじく湿らせた指でふちをなぞり音を出す。この楽器は今回の演者でもあるサッシャ・レッカート氏が発明したものなんだって。10へえ!

とにかくその音色が素晴らしかった!透明なガラスから奏でられる音はどこまでも神秘的で妖しく、正気を失い己の幻の世界へ踏みだすルチアの狂気をいっそう美しく引きたてていた。デセイ嬢とレッカート氏も本当に息がぴったりで、その呼応しあう響きはどんどんと互いの距離をつめていき、最後にはヴェロフォンの吐息まで聴こえたように感じられたほど。始終背中がビリビリざわざわ、思わずのけぞってしまった。こんなのはじめて。もはや呆然…。


マリインスキー歌劇場公式チャンネルにヴェロフォンの動画があるので興味のある方は御覧ください。後半の演奏デモは必見ですよ。





この音色、響き、和音。。目の前で観ることができて感激!
あゝ願わくばもう一度聴いてみたい。



■ オマケ

こんなん見っけ


mscgl.jpg


ワイン飲みつつ誰でも気軽にグラスハープを楽しめるようにと、各音階を出すための目盛りがついているワイングラス。ちなみに注意書きを読むと、Aの音を出すためには1cup US=約240ml、Bフラットの音はその2.5倍の2.5cup US=約720ml必要だそうですよ。くれぐれも飲み過ぎにはご注意をば…。笑




関連リンク
 >> マリインスキー歌劇場管弦楽団 「ランメルモールのルチア」コンサート形式 - What's up, Luke ?:友人のブログ。読んでいるだけであの日の興奮がよみがえります!
 >> 歌劇「ランメルモールのルチア(Lucia di Lammermoor)」《ドニゼッティ:1797年~1848年》
 >> ランメルモールのルチア | ドニゼッティ | オペラ対訳プロジェクト
 >> GOLD MUSICAL WINE GLASS - SET OF 2:グラスハープになるワイングラス。ちょっぴりほすい。笑

Tags // オペラ

| 22:19 | trackback 0* | comment 0* |


<<サントリーの奇跡の青バラ「アプローズ」と花言葉 | TOP | こころの呼び水>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/1532-90164f2a

| TOP |


09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。