オレンジのR+ //
2012.11.26 [Mon] + Days +
好きと嫌い

どうして「嫌い」を自分の中から消し去ろうとしたら
あたかも自分の考え方そのものまでなくなってしまったように感じのか。
「好き」だけあつめても自分はできそうなのに。
(過去記事:どの程度

たとえば初対面の相手に自分をみせるとき
圧倒的に「嫌い」より自分の「好き」を語るでしょう?
なんで「好き」だけじゃだめなんだろう。

たぶん、
「好き」は自分の中身で
「好き」のかたまりは自分という存在そのものだけど
「嫌い」は自分と世界との境界線なんだよね。

だから嫌いがなくなっちゃうと、自分自身が見えなくなっちゃう。
自分と他人との差がわからなくなっちゃう。

好きがなくなって嫌いばかりでも、自分の存在感がわからなくなるんじゃないだろか。


好きと嫌い、どっちも大事。

// no tags

| 16:33 | trackback 0* | comment 2* |


<<秋を飾る詩(うた) | TOP | ベルナルド・べロットと景観画>>

comment











管理人のみ閲覧OK


素敵なまなざし

素敵な強くしなやかなまなざしは、
時に自分自身を、人知れず苦しめます。
でもそれは、深い真実が不滅だけれど繊細で
直ぐに隠れ混んでしまうから、
それを追うのに必要になる特質。
大事なのは迷わないこと。悩み苦しんでも。

2012/12/01 17:19 | Pollen [ 編集 ]


> Pollenさん

しなやかな強さ、たおやかな芯をもつひとに憧れます。
いつか少しでも近づければよいのだけれど。

2012/12/01 21:44 | kotomo [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/1526-e47c67e5

| TOP |


03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示