オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2012.11.23 [Fri] + Art/Design +
ベルナルド・べロットと景観画

図録放出会 vol.2にいってきました。
スタッフとしてはたらきつつ、合間にちゃっかり図録をゲット!


 『モネ展 1994』
 『パリ/マルモッタン美術館展 2004』
 『第62回式年遷宮記念特別展 伊勢神宮と神々の美術 2009』
 『山種美術館所蔵 桜 さくら SAKURA 名品画集 2012』
 『香り かぐわかしき名宝展 2011』


ふふ、なかなか良いモノを見つけたでしょ?
(実はル・ドゥーテもあったんだけど、まさかの購入ミス!持っていた図録を買ってしまった。。わざわざ何年版のものかチェックしたのにー)



この中の一冊、『ドレスデンの宝物 THE TRETURE OF DRESDEN』は図録じゃなくて、日本人向けのガイド小冊子だったみたい。


dresden_Bernardo_Bellotto1.jpg


たくさんの図録の山の中から偶然見つけて「うわードレスデンなつかしいなあ」と表紙をめくったら、飛び込んできたこの一枚。


dresden_Bernardo_Bellotto.jpg


思わず「あっ!」と声をあげてしまった。



じつは今年のはじめにこんなツイートをしていたんだけど、

そういえば、ドレスデン美術館ですごく惹かれた絵があって、思い返すとそれはデルフトの眺望に似ていたんだ(と記憶しているけど曖昧)。あれは誰のなんていう絵だったんだろう。水面に反射する光の描写がそれはそれは繊細で美しかったんだ。


この絵のことだったの!思いがけない再会に迷わず即購入。


ぎゅう、と力づよく抱きしめた。


■ ベルナルド・べロットと景観画


ベルナルド・ベロット(1721-1780)、18世紀ヴェネツィアを代表する景観画家。ヴェネチア風景画を描いたことで有名なカナレット(ジョヴァンニ・アントーニオ・カナール)の甥だというのだから、さすが血は争えないといったところ。ただし伯父がきっちりした理想的な光景を描こうとしたのに対して、ベロットはあるがままの日常生活の光景を好んで描いた。

14歳のときに伯父である大画家ジョヴァンニ・アントニオ・カナルに弟子入りし、絵画を学ぶ。カナレットの助手としてヴェネト地方を旅行したあと、単独でローマ、フィレンツェ、ミラノ、トリノ、ヴェローナなど大都市を巡りながら絵画制作をおこなった。1747年から1758年にかけて、ポーランド王アウグスト王の招きに従い、ドレスデンへ。ドレスデンとピエルナ、その郊外を描いた作品を多く残している。


これはそのとき描いたものなんだろう。


view_of_dresden_from_the_right_bank_of_the_elbe_with_the_augustus_bridge.jpg
ベルナルド・ベロット 《アウグスト橋下流のエルベ川右岸から見たドレスデン》 1748


その緻密な筆づかいと、完璧なまでの遠近感と。光をうけてキラキラと輝く川面の表現に吸い寄せられ、絵の前で動けなくなったことをいまでもはっきりと覚えている。川が生きていた。光が揺れていた。写真よりもよほど生々しくせまってくるその景色に圧倒された。そこにもうひとつの息づいた世界があるようで。

この、アウグスト橋下流のエルベ右岸からドレスデン中心部を描いた構図は「カナレット・ビュー」として有名で、ドレスデンを代表する景観のひとつとなっているんだって。知らなかったから見そこねちゃったよ、ちぇ。


vermeer_delft4.jpg
ヨハネス・フェルメール 《デルフトの眺望》 1659-1660


ほら、フェルメールの《デルフトの眺望》に似てない?
なんかね、そう思ったんだ。



    *    *    *



10年間のドレスデン滞在を経て、1758年にハプスブルク家の女帝マリア・テレジアの招きでウィーンへ向かった。ここで彼は市内の記念物を描いた。その後まもなくにミュンヘン、そして、再びドレスデンへ。サンクトペテルブルク滞在時、ポーランド王スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキの招聘を受け、ポーランド宮廷画家となった。スタニスワフ王の画家として残りの人生をワルシャワで送り、多くの作品を生み出した。



Bernardo_Bellotto_St_Marks_Square_from_the_Clock_Tower_Facing_the_Procuratie_Nuove.jpg
《St. Mark's Square from the Clock Tower Facing the Procuratie Nuove》


Bernardo_Bellotto_Rio_dei_Mendicanti_with_the_Scuola_di_San_Marco.jpg
《Rio dei Mendicanti with the Scuola di San Marco》1738-1740


Bernardo_Bellotto_The_Piazza_della_Signoria_in_Florence.jpg
《The Piazza della Signoria in Florence》1742


Bernardo_Bellotto_Capriccio_of_the_Capitol.jpg
《カンピドーリオの丘》1743-1744


Bernardo_Bellotto_View_of_Gazzada_near_Varese.jpg
《ガッザーダの風景》1744


Bernardo_Bellotto_View_of_Verona_and_the_River_Adige_from_the_Ponte_Nuovo.jpg
《ポンテ・ヌオーヴォから見たヴェローナとアディジェ川の眺め》1747-1748


Bernardo_Bellotto_New_Market_Square_in_Dresden_from_the_Judenhof.jpg
《ドレスデンの新しい市のたつ広場》1749-1751


Bernardo_Bellotto_The_Kreuzkirche_in_Dresden.jpg
《The Kreuzkirche in Dresden》1747-1756


Bernardo_Bellotto_View_of_Vienna_from_the_Belvedere.jpg
《ベルヴェデーレ宮から望むウィーンの情景》 1759-1760


Bernardo_Bellotto_View_of_Warsaw_from_the_Royal_Palace.jpg
《View of Warsaw from the Royal Palace》1773




ベルナルド・ベロット。
もう二度とはぐれぬよう、遠い街の思い出とともその画家の名をそっとしまいこんだ。




関連リンク
 >> 図録放出会vol.2 | 弐代目・青い日記帳
 >> 第2回:アート好きによるアート好きのための図録放出会まとめ - togetter
 >> artworks for Bernardo Bellotto - The Athenaeum
 >> ベルナルド・ベロット Bernardo Bellotto - Salvastyle.com
 >> カナレット Canaletto - Salvastyle.com:伯父であり師でもあるカナレットの主要な作品。やはり似ている…?

| 23:44 | trackback 0* | comment 0* |


<<好きと嫌い | TOP | どの程度>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/1525-4ee8312c

| TOP |


04 ≪│2017/03│≫ 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。