オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2007.02.04 [Sun] + Art/Design +
フラクタル

フラクタル画像と言えばフランスの数学者ブノワ・マンデルブロより始まる幾何学の概念で、図形の部分と全体が自己相似になっているもの。また無機物も複雑な生物のデザインも同じ自己相似性が見られるとされている。

例を見てみよう。
上段の図形の全体構図をそれぞれに枝に置き換えてみると下段の図形のようになっていく。

flactal-image-nature2.jpg



さらにその小枝に全体の構図を置き換えるといった具合に何回か繰り返すと、下図のような生物的デザインが完成する。

flactal-image-nature1.jpg


■フラクタルアート
フラクタルはコンピュータグラフィックスとしていろんなところで研究されている。難しい話は別にしてその図形のもつおもしろさに着目してみる。

「あるパターンが何回か繰り返されると、その結果できあがったものは、たんなる繰り返しの合計ではなく、まったくべつの存在物になってしまう。」フラクタルのこの部分の説明はとても印象的であるが、実際に現れた図形はアートと呼ぶに値する美しさを持つ。
Amazing flame fractals take your breath away
Blatte's Fractals

一見、複雑そうなこれらフラクタルアートもApophysisというオープンソースソフトを使うと簡単に描くことができる。Photoshopのプラグインなどでも可。以下にいくつか取り上げる。

on devianART>Fractal Artより。
Incarnation,Treasure of Atlantis,Horizons - Print Edit,Spellbound,Two Elements,Sanity's Mind,Sanity's Frame,Enronian
devianARTは結構のぞくことが多くて、myぱそぱその壁紙もここからだよん♪

on Flickr; OIl slick, IFS fractals, Cameron Turner's photos①, Cameron Turner's photos②

うーん美しい。
数学とアートの融合。

[参考]wikipedea - フラクタル,フラクタル・アートってなに?『Fantastic Cosmos in Deterministic Chaos (決定論的カオスの幻想宇宙) 』のフラクタル・アーティスト成瀬氏へのメール・インタビュー



// no tags

| 01:27 | trackback 0* | comment 0* |


<<フラクタルに見るもの | TOP | ミッチーと妄想族>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/152-078c9d69

| TOP |


09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。