オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2012.09.27 [Thu] + コトノハ +
思い と 想い のちがい

【思う】と【想う】の使い分け。

わたしの場合、【思う】のイメージ=自分の中をぐるぐる巡るヤジルシ、【想う】=自分を始点として外へ飛びだしてくヤジルシ。

【思う】は自分の中で自己完結するもので、【想う】は外に向かって飛ばすもの。たとえるなら【祈り】のイメージにも似たもの。


ーーそんな風に思っていたら、【想】のもともとの字義は"希望"だということを知り、なんだかうれしくなった。


■ 漢字の成り立ちから探る


思いの上にある"田"は頭のこと、"心"は心臓のことで、転じて"こころ"。だから【思う】は頭ん中の心のこと。心とは精神であり、考え、感じ、慕う気持ちとなる。

想いの上にある"相"は「木と目」、向こうにある木を対象としてみることをしめし、ある対象に向かって対する意を含む。つまり【想う】とは「心+相」で、ある対象に向かって考えることである。


うん、わたしのイメージとも外れてないかな。



■ 想々


【想う】がなにかに向かう/向き合う心なのだとしたら。「向かう」ってことは、つまりその対象と距離があるってことだよね。距離や、隔たり。だから自分で自分のことを【想】ったりはしない。だってキョリゼロだもん。

だからもしその気持ちに翼をつけてあげたとき、その気持ちがどこかへ羽ばたいていこうとするのなら。それはきっとあなたの【想い】なんだろね。

大切にしてあげて。

// no tags

| 18:54 | trackback 0* | comment 0* |


<<かわいいカメラストラップたち: 木製カメラストラップ 【minimo】 | TOP | アイスクリーム 1 SCOOP>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/1492-48e2a9ba

| TOP |


09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。