オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2012.09.19 [Wed] + Days +
桔梗ときつねの窓

蒼い桔梗が風に揺れていた。
それが逝く夏の、最後のさよならにも思えたのはなぜだったのだろう。



kikyou_kitsune01.jpg
By ha*na



ふと、むかし聞いた話を思い出しておもわず花を摘みとりたい衝動に駆られる。

桔梗の汁で染められた両手のおや指とひとさし指。
その四本の指をそれぞれあわせてできるひし形の窓は「きつねの窓」。
もう会えない誰か、もうそこにはない何かを見せてくれる不思議の窓。
作者は安房直子さん。


朗読 きつねの窓 No1

きつねの窓 No2

 
きつねの窓 No3 




なんとも不思議で切なくもある話。

あなたならその指を子ギツネに染めてもらいますか?




kikyou_kitsune.jpg
By c.keiskei



わたしは蒼みのつよい桔梗が好き。
マジックアワーに一番映える色だから。




きつねの窓からのぞいてみたいもの、
ーーーそれは?


Tags //

| 17:55 | trackback 0* | comment 0* |


<<しあわせのヒント | TOP | 言葉の海と記憶>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/1487-85d42f04

| TOP |


04 ≪│2017/03│≫ 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。