オレンジのR+ //
2012.09.12 [Wed] + Days +
1 2 0 9 1 1 . 5

ふしぎな夜だった


120911.jpg


ピアノコンサートに出かけた
にも関わらず
そこで「誰かを一途に想うこと」を
見たような気がした

深く深く
内からほとばしるものと
内へむかう衝動のようなもの

まるでひどく個人的な何かを
覗いてしまったようなバツの悪さと
いっときも目を離せないほどの
強烈な引力にこころ奪われて
ただただ動けずにいた


NOT 「想いを音に託すこと」

BUT 「      」


曲たちが生まれた経緯がポツポツと語られ
なぜか大きくうなずいた

うまく言えないけれど
あの場にいることができてよかった
「特別な夜でした」と言葉少なに感謝を綴って送り
あとは目を閉じてその世界に没頭する



もしかしたら
この先わたしは言葉を手放していくのかもしれない
そんな予感すら抱いた夜

まるでおはじきのように
勢いよく弾かれて飛びだした言葉の数々
すべてはまっさらに洗い流され
空っぽのあたまはひどく心地よくて


これからも迷うときはこの曲たちを胸に
あのとき指先に触れたモノをわすれない










いらだちは頭の中を無遠慮に通り抜けてくたくさんの人々の足音だった
踏みならされた土はやがて誰かの道となるのだろう

わたしの知らない誰かの





with nothing in color.




2009年9月11日にリリースされた渋谷にとって初のピアノソロアルバム『ATAK015 for maria』は、前年亡くなった妻マリアに捧げられた作品。同作のリリース3周年を記念して開催される今回のコンサートでは、収録全曲がピアノソロのみでCDと同じ曲順で演奏される。

また、「誰かが隣で弾いているピアノを聴くような」というアルバムのコンセプトを具現化するため、会場の中央に設置されたピアノを円形に囲むように客席を配置。さらに客席外側の円周上に多数のスピーカーを設置することで、ホール全体がピアノの中にいるかのような響きに包まれた空間になるという。

 >> Keiichiro Shibuya Playing for maria


ATAK015 for mariaATAK015 for maria
(2009/09/11)
Keiichiro Shibuya

商品詳細を見る

// no tags

| 02:05 | trackback 0* | comment 0* |


<<にこにこぷん | TOP | マドンナ・リリー>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/1484-3f623cf2

| TOP |


05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示