オレンジのR+ //
2012.08.20 [Mon] + Days +
知るかなしみのある人生

「一旦知ってしまえば、知らなかった時には戻れない。本にせよ、スーツにせよ、シガーにせよ、酒にせよ、別に知らなくても生きてはいける。でも知ってしまえば、それなしの人生など耐え難くなる。つまり知識や経験は人生に悲しみももたらす。より多くを、より良きものを、よりスリリングなことを知ってしまったがために、当たり前の日常に感動できなくなる。それでも、知らない平穏よりも知る悲しみのある人生の方が高級だ」と開高健は言った。



かなしい。

悲しい。

哀しい。

愛しい。


「かなしい」とは、古くは「いとしい」「かわいい」「すばらしい」「嘆かわしい」「心が痛む」など、物事に感じて切に心の動くさまに広く使われたが、近代では主に心の痛む意味に用いられている。


【悲しい】は背中合わせを表す非の形から、
二つの物・者が相反する意味を含み、「非+心」で、心が裂けるような切なさのこと。

【哀しい】は「衣」が被せて隠す意味を含み、
「口+衣」で思いを胸中に抑え、口を隠してむせぶような切なさのこと。

【愛しい】とは「身にしみていとしい。切ないほどにかわいい」という気持ちを表す。
もともと「愛」は「いつくしむこと」「かわいがること」「大切にすること」「好むこと」「惜しむこと」だったが、仏教が入ってきた時点で「強い渇望」という意味が加わるようになった。
つまり「愛」とは本質的に「失ったらこまる」ということ。




知るかなしみ。

知らない平穏よりも
知る愛しみのある人生を。

// no tags

| 18:21 | trackback 0* | comment 0* |


<<ゴンズイ玉 | TOP | 風鈴>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/1468-e3be07cc

| TOP |


03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示