オレンジのR+ //
2012.07.27 [Fri] + kotomoの中の人 +
鏡よ、鏡

ながらく鏡は世界を左右反転させるものだと信じて生きてきた。
そうじゃないんだよと教えられたときでさえ、「まさか」と笑いとばしたあと、ひとしきり眉をひそめて考えこんだほどである。

ともあれ、納得しようとしまいと、「鏡は左右を反転させない」、これはまぎれもない事実だ。加えて「鏡は上下も反転させない」「前後(奥行き)のみ反転させる」とつづけられればパーフェクトだと言えよう。


   *   *   *


「だって」とどこからか不満そうな声があがる。見ると大きな鏡の前で女の子が白うさぎに向かって唇をとがらせていた。「だって、鏡の前で右手をあげれば、鏡の中の人は左手をあげるじゃない。左右あべこべでしょう?」
「鏡の前で右手をあげれば、鏡の中の人も右側の手をあげるじゃない。どこが左右あべこべ、だって?」と女の子の口調を真似るようにして白うさぎが言い返す。

「たとえば、いま北を向いているとしよう。すると右手は東で左手は西、そうだろう?(うんうん、と頷く女の子)じゃあ今度はぐるりと回って南を向こう。すると右手と左手は・・・・・・」
「右手が西で左手が東」かぶせるようにすばやく女の子が答えた。
白うさぎは満足そうに笑いながら、「そう正解。右手が西で左手が東だ。さっきと左右あべこべになっている。
ーーーさてここで質問。君はこのたった何分間で世界の左右があべこべになってしまったと思うかい?」
「そんなわけないでしょ」と今度はすこし呆れ顔の女の子。
「どうして?左右があべこべになったのに」
「左右があべこべになったのは北から南へ向きを変えたからでしょ。べつに世界が左右あべこべになったわけじゃない」


「そのとおり!」 白うさぎはニヤリと大きく笑った。「これで鏡の謎も解けただろう?」


? ? ?


「さっき君は『鏡の前で右手をあげたら鏡の中の人は左手をあげた、だから左右あべこべに映るんだ』って言ったよね?なぜ君は鏡の中の人のあげた手が左手だと思ったの?」
「え、だって鏡の中の人はこっちをむいているんだから、その人にとってあげたのは左手になるじゃない」
「ほらまたやった」
白うさぎはうれしそうにぴょんと飛び跳ねた。

「なんで君は鏡の中の人の視点で物事を考えようとするんだい?見る位置を変えちゃだめだよ。君はずっと鏡の前にいるのに、鏡の中の人のこととなるとすぐに鏡のうしろにまわって物事を考えようとする。それはまさしく北から南へ向きを変えたのとおんなじじゃないか。世界はなにひとつ変わっちゃいない。君が向きを変えただけ」


女の子があっと声をあげた。


「もし本当に鏡が左右を反転させて映すなら、君が鏡の前で右手をあげたら、鏡の中の人は向かって左側の手をあげるはずだよ」


ぴょん。
得意げに跳ねる白うさぎ。


「だからね、鏡は左右をあべこべに映したりしないんだ。わかったかい?」白うさぎの言葉に女の子がおおきく頷くのが見える。「多くの人が『鏡は左右をあべこべに映すもんだ』とすっかり信じきっていて、疑うことさえしないんだ。君もともだちに教えてあげるといいよ」


くるくる、ぴょん。


「けどね、僕が本当に言いたかったのは鏡の話なんかじゃないんだ」、すると白うさぎは急にこっちをふりかえった。はっきりと目が合い、想像よりするどい目付きに思わずぎくりとする。――いつからわたしの存在に気づいていたんだろう?


「まだまだたくさんの思い込みを世界の真実だと信じているんじゃないのかってね」



ぴょん。



   *   *   *


覚えている夢の内容はそこまで。
悪夢を見たわけでもないのに、目が覚めたときには汗をびっしょりかいていたのは夏の暑さだけではない気がする。

しばらくいま見た夢を反芻したあと、そういえば鏡の国のアリスに白うさぎって出てきたっけと本棚に手を伸ばした。



※『鏡の国のアリス』には白うさぎは出て来ません。出てくるのは三月うさぎ。あのいかれた帽子屋と一緒に白の王様のメッセンジャーとして登場します。余談だけど、鏡の国での名前は帽子屋が【Hatta(ハッタ)】で三月うさぎが【Haigha(ヘイヤ)】。それぞれと帽子屋(Hatter)と三月うさぎ(Hare)のアングロサクソン綴りなんだって!



関連リンク
 >> 鏡は左右を反転する?--ほんとか?
 >> とね日記 - 解答: どうして鏡は左右を逆に映すのに上下はそのままなの?

// no tags

| 18:13 | trackback 0* | comment 2* |


<<『沈まない』『浮いたまま進む』基本のクロールの泳ぎ方 | TOP | 黒と白2 >>

comment











管理人のみ閲覧OK


森から帰ってきました

おおかみこどものTwitterを通して、コトモさんの感性の豊かさに驚きつつそのままの勢いでブログを見ました。そして新たな驚きをおみやげに森に帰ります。

2012/07/30 08:27 | むしゃ [ 編集 ]


> むしゃさん

どんなときでもささいな違和感を見逃さぬよう、意識を張っておくのは、ホームズの観察眼に憧れていた頃からの癖です。
けど昨日の発見は感動しました。ありがとう!

2012/07/30 09:25 | kotomo [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/1456-279ff490

| TOP |


04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示