オレンジのR+ //
2009.06.02 [Tue] + Days +
サン・ジミニャーノの意外な一面 そのに

ジョージ・W・ブッシュ。言わずもがなアメリカ史上記録に残る中で最も低い大統領支持率叩きだした、第43代アメリカ合衆国大統領。イラクへの開戦宣言を発した人物。

一時は熱心なブッシュ・ウォッチャーと化していた私は、ブッシュのおかげで覚えられた(というか覚えざるを得ないほど頻繁に遭遇した)単語が2つほどある。それが【torture】と【impeach】だ。

【torture】
━━ n. 拷問(の方法); 苦痛, 苦悩.
━━ vt. 拷問にかける; 苦しめる ((with, by)); 曲解する; こじつける ((into; out of)).
tor・tur・er  ━━ n. ひどく苦しめる人[物]; 拷問する人.

【impeach】
━━ vt. (人格・公明さを)問題にする (~ …'s motives 人の動機を疑う); (…のかどで)責める, 非難する ((of, with)); (公務員を)弾劾する ((for, of, with)).


なぜこの単語を覚えてしまったのかを知るには、それぞれの単語に"Bush"や"Cheney"なんてキーワードを添えてぐーぐる先生にお伺い立ててみれば解るかと。わんさか記事が引っかかってくると思うので。

それ以来、どこかで【torture】という単語と出くわす度に「あ、とーちゃーだっ!」といち早く反応するようになってしまった私。そんな風に「とーちゃーとーちゃー」言う私と一緒にいるうちに、いつしか彼まですばやく【torture】に反応するようになってしまい。


「あ、とーちゃーミュージアムやて!」


20090601232905.jpg


実はヨーロッパ辺りでは『Torture Museum(拷問博物館)』って結構見かけるものだったりする。当時の記録や資料とともに実際に使われていた器具が展示されていたり、蝋人形でどのように行われていたのかを再現していたり。恐いもの見たさなのか、どこのとーちゃーミュージアムもそこそこ人気なご様子。私も何回か入ったことあるんだけど、今回も帰りがけにちょこっとだけのぞいてみたら、エントランスの小ささ・狭さとは対照的に中は広くてかなり見ごたえがありました。


わーきゃー言いながら一通り見て回り、いい雨宿りになったねと話しながら歩いていた時のこと。

彼「あっまたとーちゃーミュージアムや」
私「えっこんな小さい街で、しかもこんなすぐ近くにあるなんて・・・。別館じゃなくて?」
彼「うん」
私「よっぽどサン・ジミニャーノではとーちゃーミュージアムが人気なんだね」

と笑っていたんだけど、またしばらくすると

彼「・・・あ、あそこにもとーちゃーミュージアムが」
私「ほんまかいな」
彼「すごいなー」
私「うんなんかすごいね、、」


例えるなら、ひとつの町に鉄道博物館が2つも3つもあるような違和感。というかそんなになくてもいいんじゃないかえ?そして極めつけに街の門から出る直前にまたひとつ。見つけた途端、二人で大爆笑ス。てかこの分じゃ他にもあとひとつやふたつくらいあってもおかしくない。いや絶対あるだろ。あるに違いない(断定)。つーか出せよ(命令)。

彼「いやまさかサン・ジミニャーノがここまでとーちゃー好きとは」
私「私もひとつの街でこんなに【torture】の文字を見たのって初めてだわ」
彼「サン・ジミニャーノって塔の街って言われとるけど」
私「うん」
彼「実際に来てみたら、もうすっかりとーちゃーの街ってイメージに」
私「それ以上何も言うな、言うでない」
彼「サン・ジミニャーノは日本人がよく訪れる街のひとつなのに、こんなにもとーちゃーだらけやなんて話、今まで聞いたことないわ」
私「そりゃー、まー、少なくともここまで【torture】て単語に敏感に反応する日本人てのもなかなかいないだろうし。【torture】って結構マニアックな単語だからね。ブッシュ関連の記事では頻出単語だけど」
彼「ふふ・・・そっかとーちゃーを知ってる方がマニアックなのか・・・とーちゃーとーちゃー・・・ブツブツアップロードファイル(←うれしそう)」
私「コラコラあんまり周囲の人に『サン・ジミニャーノはとーちゃーの街やった』とか言いふらすもんじゃありませんよx


というわけで、我々の認識上ではサン・ジミニャーノ=とーちゃーの街でしたxアップロードファイル

無論それは街や国の歴史を雄弁に物語るひとつの証でもあるわけですが、それにしても若干多すぎな感じも否めません。もしこれからサン・ジミニャーノに行かれる方がいらっしゃいましたら、ぜひそんな点にも注目してみて下さい。てゆーかぁ街に5つ以上とーちゃーミュージアムを見つけちゃったんですけどー?ってな猛者がおりましたらぜひkotomoまでご一報下さいませ。写真も添えて頂きますと、折り返し『サン・ジミニャーノは塔の街ではなくとーちゃーの街であるドットコム』の入会案内を送らせて頂きます。たぶん嘘。



・・・

今ではすっかり街にも平穏が訪れ


20090601225032(1)-2.jpg


「ピヨピヨ、ピヨピヨ」

塔の階段をのぼる途中、
どこから聞こえてくるのかと辺りを見回したら


20090601231210.jpg


見ーーっけ!!
空気孔のところに小鳥の赤ちゃん!
大きくなるんだぞh

// no tags

| 05:54 | trackback 0* | comment 0* |


<<美しい街シエナとカンポ広場 | TOP | サン・ジミニャーノの意外な一面 そのいち>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/1397-006d3b80

| TOP |


05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示