オレンジのR+ //
2009.06.02 [Tue] + Days +
サン・ジミニャーノの塔に登る

本日も雨降りなのでシエナに行く予定を変更。
トスカーナののどかな農村風景を抜けてゆくと、そこにとつぜん現れたのは・・・塔の丘。


20090601151553.jpg


小高い丘の上にそびえ立つ要塞。塔の街こと、サン・ジミニャーノに到着


20090601221659.jpg
20090601222309.jpg


数々の塔は都市内での権力争いの名残り。当時サフランの交易などによって莫大な富を得た貴族たちは最も高い塔を建てることこそ最も力と富を持つ者である証と言わんばかりに次々と競うように塔を建てていったの。いちばん多いときではなんと72本もの塔が建っていたというから驚き!これにはさすがの街も危険を感じて、グロッサの塔より高い塔を建てることを禁じたそうな。もっとも塔の本来の役割は監視台であるにも関わらず、なかには窓もなけりゃ登ることすらできない、見栄を張るためだけに建てられた塔なんてのもあったそうだけど☆エヴァンゲリオンのアスカ風に言うならば、「なんで男の子って、ああガキでバカでスケベなのかしら!」ってとこですかね。この際スケベは関係ない気がするのは気のせいですアップロードファイル
でもこの美しい街の景観は中世の貴族たちの競争心から生まれたしものだなんて、ちょっとおもしろいでしょ?ちなみに乱立した塔の多くは取り壊されていて、現在残っているのは14本のみ也


さてさて早速、おバカなにゃんこサン・ジミニャーノの塔にのぼるの巻。
えっちら、おっちらアップロードファイル


20090601230514.jpg


上は風がつよくてよく目が開かない。気を抜くと飛ばされそう。
でもそのくらいが気持ちいい。


20090601161252.jpg


晴天じゃないのが惜しいけど、十分すばらしい眺めなり。
後ろに見えるのがグロッサの塔。


20090601161202.jpg
20090601161219.jpg


雨でも明るさを失わないのがイタリア-ism。
おちびちゃんたちのカッパがカラフルでかわゆかったぁ(*´Д`)ハァハァ


20090601221448.jpg


降ったり晴れたりで
すっかり濡れねずみ状態アップロードファイル


20090601225017.jpg


でもあんな風に寄り添えばきっと・・・x

寄り添い合う恋人たちやご夫婦の後ろ姿が好きです。
あんな背中の夫婦になりたいなぁx



関連リンク
 >> サン・ジミニャーノ歴史地区 - wikipedia
 >> NHK世界遺産 | 世界遺産ライブラリー [サン・ジミニャーノ]

Tags // MyPhoto

| 05:29 | trackback 0* | comment 0* |


<<サン・ジミニャーノの意外な一面 そのいち | TOP | シアワセの朝>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/1395-66064a80

| TOP |


05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示