オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2009.05.13 [Wed] + 伝統/異文化理解 +
枯山水の美学

【枯山水】 かれさんすい

水を用いずに、石・砂などにより山水の風景を表現する庭園様式。
例えば白砂や小石を敷いて水面に見立てることが多く、橋が架かっていればその下は水の流れである。一つの石や、小さな刈り込みの樹木で大山を表したり石の表面の紋様で水の流れを表現することもある。枯山水の登場より、水を得られる場所のみ造園されていた日本庭園が、水のない場所での造園を可能にした。
室町時代に禅宗寺院で用いられて発達した。


枯山水は、回遊式庭園や露地などの庭園と違い、遊楽・散策などの実用的要素を持たず、屋内から静かにこれに対峙して鑑賞するよう構成されている。これは深山幽谷の大自然の中で水からが思惟思索をめぐらし、座禅を行って悟りに至る、禅の教えに沿うものである。枯山水が描くとはいわば仏教世界観や宇宙観であり、人々は自然と向き合い、自らの存在と一体化することで、無でなければならない自身を見い出し、境地に立とうとする。つまり見えざるものの中にそのものを見、聴こえざるものの中からそのものを聴くといったところに枯山水の表現が求められたのだ。そうして枯山水庭園は、己の内面を問い、心の在りようを模索する僧侶たちの修行の場として発達を遂げていった。


枯山水を表す言葉は多くあるけれど、私が好きなのは


 「水無きに水を楽しむ庭」


――― つまり、水の不在ではなく、水の存在を前提にしている庭であるということ、
これこそが枯山水の神髄だと思うのです。



d ここで私のお気に入り番組のひとつ、NHK「美の壺」より
枯山水のツボをのぞいてみよう。



------------ キ --- リ --- ト --- リ ------------


h 美の壺 File49 枯山水(かれさんすい)


白砂に砂紋を描いて、川に見えたり、大きな海に見えたり、
あるいは、雲海、人それぞれの心を映し出してくれる、それが枯山水。

例えば大徳寺大仙院の枯山水を見てみよう。
どんな世界観を表しているのだろうか?



arc-20070601-09ls.jpg
arc-20070601-10ls.jpg
arc-20070601-11ls.jpg



【解説】

主石は不老不死の仙人が住むという蓬莱山を、
島に見立てられた砂盛は理想の境地を表している。



ではもうひとつ。
昭和の名匠、重森三玲による石の力を存分に引き出した傑作、
東福寺龍吟庵の枯山水。

これは何かわかるだろうか?


ヒント
『砂が表しているのは水ではない。』



arc-20070601-20ls.jpg






  d   d   d   d





【解説】

これはなんと、「地表にのぞくわずかな龍の背中」。
雲の間に見え隠れする龍の姿を表現しているの!
なんとも興味深いではないか。



■ 枯山水の鑑賞法

通常枯山水は庭に降りず建物から眺めるのだが、
実はとっておきの鑑賞法があるのだという。

枯山水の研究家でもある作庭家の重森千青さんによると
「ふつう一般的には縁側から見ることが多いんですが、
部屋から見た場合も非常におもしろい。」


例えば、枯山水の最高傑作と名高い京都の龍安寺。
ふだんは入れない方丈の中から枯山水を見てみると・・・



arc-20070601-23ls.jpg



庭が切り取られ、まるで額縁の中の絵画を見ているかの様。
これぞまさにフレーミング、額縁の妙といったところ。

このようなすぐれた美意識がすでに室町時代から確立してたというのだから、
あなおそろしや日本人の美的感覚。



また、額縁の妙といえば窓を通して見る枯山水もおすすめ。

禅の教えで“悟り”を表し、【調和のとれた世界】を意味する円窓から
東福寺 芬陀院の枯山水を鑑賞してみよう・・・



arc-20070601-28ls.jpg



重森さん
「円というのは尊いものという意味があるので、
円窓を通して見えて来る世界は、理想郷の世界。
尊いものから理想の世界が見えて来るというふうに言える。」


------------ キ --- リ --- ト --- リ ------------


水無くして水を感じよ、か。ならばそこで自身を見つめ直すこととは、その水鏡に自分自身を映す行為に等しいのだろうか。その水面(みなも)に月は映っているのだろうか。確かめに行かないと。



関連リンク
 >> 枯山水 - Wikipedia
 >> Traditional Japanese Garden Styles 《 伝統的日本庭園の形 》
浄土式庭園、枯山水、露地(茶庭)等、日本庭園の意匠とその構成要素について詳しい解説を載せているセンスの良いサイト。
 >> 京都通百科事典 > 枯山水庭園
 >> A3サイズのアートな石庭 、テーブル石庭「枯山水」:ちょっと大き目A3サイズ。禅好きとしては惹かれるものがある一方、アヴァンギャルドと聞くとどこか躊躇してしまう不思議マジック。

// no tags

| 17:51 | trackback 0* | comment 0* |


<<星の王子様とキツネの秘密の言葉 | TOP | "ZEN"を学ぶために>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/1367-be624eb1

| TOP |


04 ≪│2017/03│≫ 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。