オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2009.04.19 [Sun] + language +
バラは紅くて きみは甘い

ところで、達郎さんライブではお決まりとしてひとりアカペラのコーナーがある。今回は『バラ色の人生~ラヴィアンローズ』→『Chapel Of Dreams』→『Have Yourself A Little Merry Christmas』→『We Wish You A Merry Christmas(さらにここからクリスマス・イブへつながってゆく)』だったんだけど、『バラ色の人生~ラヴィアンローズ』に思わず脊髄で反応してしまった。

・・・これ、元になってる詩があったよね?なんだっけ。知ってる?

隣のひとにそっと耳打ちしても、何だかいまいちピンと来てないご様子。

人生はバラ色 ――― 薔薇は赤で、青は・・・何だっけ?

思い出す間もなく、すぐにこころは会場中に響きわたるアカペラの虜になっていた。


それが何だったのか脈絡なく思い出したのは、後日友達とゴハンしていたときのことだった。〆を鮭茶漬けか親子丼にするか迷っていたとき、ふと頭に浮かんだのだ。結局、〆は生しらすの釜揚げうどんにしておいたんだけど。



■ Roses are red

「バラ色の人生~ラヴィアンローズ」ときいて思い出したのは、ラヴィアンローズとは無関係の一遍のマザーグースの詩だった。


  Roses are red,
  Violets are blue,
  Sugar is sweet;
  And so are you.

  ばらは あかくて
  すみれは あおい
  おさとうは あまくて
  あなたは すてき



Roses_are_reds.jpg
illustrated by William Wallace Denslow
from a 1901 edition of Mother Goose


バレンタイン・デーにまつわるものとして有名なこの詩は、イギリスのエドマンド・スペンサーが1590年に書いた『The Faerie Queene(おとぎの国のお姫様)』に登場したのが始まりだそう。その後、1784年に出版された『GAMMER GURTONS GARLAND(マザーグースの世界~ガートンおばあさんの花輪)』や1862年に英訳されたヴィクトル・ユーゴーの『レ・ミゼラブル(ああ、無情)』に少しずつ形を変化させながら登場したことで、今日のように広く知られるようになったと考えられている。

色の対比や押韻(二行目の"blue"となって四行目の"true")の美しい詩で、バレンタインカードに添えるメッセージとして引用される他、韻を踏みつつ様々なアレンジを加えたバージョンも多数存在する。

オリジナル以外でド定番なのは、


  Roses are red,
  Violets are blue,
  Roses are red,
  And my love is true.

  薔薇は紅くて
  菫は蒼いモノ
  薔薇が紅いように
  この愛は本物なの




■ 他のアレンジとしては 【→参照


z 基本編
(ラスト二行に手を加えたもの)


  Roses are red.
  Violets are blue.
  If you'll be mine,
  I'll always be true.

  バラは赤い
  スミレは青い
  もし私の恋人になってくれるのなら
  私はいつでもあなただけのもの




z 上級編
(一&二行、三&四行が脚韻。19世紀の作品)


  Your eyes are blue.
  Your heart is true.
  Your lips divine
  When they met mine.

  あなたの瞳は青く
  あなたの気持ちは真実
  あなたの唇は神聖だった
  私の唇と触れ合ったときから




z しりとり編


  Roses are red.
  Red is wine.
  Wine is sweet.
  Sweetie, you're mine.

  バラは赤い
  赤いはワイン
  ワインは甘い
  甘い恋人、あなたは私のもの




z "Roses are red"はしばしば歌詞に登場することもある。
例えば AQUAの『Roses Are Red』では


  Roses are red and
  Violets are blue
  Honey is sweet,
  But not as sweet as you

  バラは紅い
  スミレは蒼い
  はちみつは甘いけど
  あなたほどじゃない



ちなみにこの曲、邦題では『ときめきダンディ・ダディダ』だったらしい。
・:・.(゚ε゚)ブッ ナンデヤネン


Zach Kekona の 『Sitting In My Room』 にも"はちみつ"は出てくるので、
これはこれでポピュラーなフレーズなのかな?


  Roses are red violets are blue
  Honey is sweet but not as sweet as you

  バラは赤い スミレは青い
  はちみつは甘いけれど あなたにはかなわない

  Roses are red violets are blue
  Can't you see that my love is true

  バラは赤い スミレは青い
  この真剣な想いは あなたに届いているのかな




まーどれだろうと、
ものすごく甘々~な詩であることには変わらないんだけどね。
とはいえこんなバレンタインカードをもらったら、それはそれで嬉しいかも!
女心とはそういうものです。笑



関連リンク
 >> Roses are red - wikipedia [英語版]
 >> 「薔薇は紅く(Roses are red)」byエドマンド・スペンサー(Edmund Spenser)
 >> バレンタインカードのrhyme(ライム・韻詩)

| 13:50 | trackback 0* | comment 0* |


<<ビデオかカメラか? | TOP | 格好良さと型破りと形無しとのっち>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/1351-fcfdbc8d

| TOP |


10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。