オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2009.04.03 [Fri] + Days +
まごころの言の葉

JR原宿駅のホームから明治神宮の方に目をやると、
【まごころの言の葉】と題された看板が見えることをご存知だろうか?(右こんな感じ
おそらく山手線外回り電車の車内からも見えると思う。

わたしは今までに何度となく原宿駅に降り立っているが、全く気付かなかった。
よりによって、引き止めるひとを改札の外に残してホームにかけ上がったとき
初めて目にしたのだった。


雨がひどく降っていたせいで、細かい字はよく読めなかった。
けれど目に飛び込んできた句をクセで黙読したとき、
そのあまりにもやわらかな響きにこころ打たれ、しばし言葉を失った。

ポケットの中の携帯がさかんに振るえてたのには気付いていた。
けれど決して電車に乗るまでは見るまいと決めていたのだった。


――― 見たらきっとここから動けなくなってしまう。それじゃだめだ。


そんな頑になっていたこころがこの句に触れ、ぐらりと大きく揺らいだ。


――― 見なければだめだ。ちゃんと相手のことばも受け止めなければ。


自分でも驚くほど頭の中が一気にクールダウンしていくのが分かった。


『感情的な判断に固執してはいけない』

『感情に頭をのっとられること・気づいているのに冷静さを取り戻す努力をしないことは、
一秒ごとに自分への信頼を失い、自己評価を落とす羽目になる』



一つ目は尊敬する元上司からの教えであり、二つ目は自らの経験則。
なので、多少腹立たしくてもある程度冷静にならざるを得ない。
"分かっているのにくり返すこと"は、わたしが最も冷めた目を向ける事柄だからだ。


――― それは言い訳にすらならない、努力の怠慢だ。みじめな滑稽さだ。
自分がどれだけ阿呆なのかを自分にわざわざ教えているようなもの。

――― だから感情に支配されてはいけない。じゃなきゃ"オンナ"やってられっか!!


自分に悪態をひとつ、こころの中でべぇと舌を出した後、大きく深呼吸をひとつ。
静かに携帯を取り出して、専用の受信フォルダを開いた。


■ まごころの言の葉

わたしが目にしたのは以下の二つ。
どうやら月ごとに変わるらしい。

h 明治天皇 御製

花になり 実になるみれば 草も木も

    なべてつとめの ある世なりけり

訳:花を咲かせ、実になるのを見ていると、草も木も、
世の中すべてのものに役目があるのだと思います。



h 昭憲皇太后 御歌

人として 学ばざらめや 鳥すらも

    枝ゆづるてふ 道はあるものを

訳:譲り合うということを人として学ばないわけがあるでしょうか、
鳥さえも枝を譲るということがあるのですから。



もともと南手水舎の柱には明治天皇御製と昭憲皇太后御歌が奉掲されているのだが
わたしが目にした様に、原宿駅のホーム半ばから見える位置にも掲げられている。
そこには明治神宮の方々のどんな想いがあるのだろうと考えをめぐらせつつ、
あの日、偶然にも気付けたことに感謝したい。

// no tags

| 16:59 | trackback 0* | comment 0* |


<<女の人がいちばんキレイに見える魔法の時間 | TOP | 知らない顔>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/1340-b5a47e93

| TOP |


07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。