オレンジのR+ //
2009.01.07 [Wed] + Days +
日光東照宮を巡る #1

>> [初詣参り]のツヅキ


東照宮にはちょうどかわたれ時(過去記事)に着けるように移動する。
あともう少し、という地点につくと
そこでは朝のリレー(過去記事)が始まっていた。


20090105062645.jpg



とくに最近のグラデーションの美しさと言ったら・・・。
すぐに理由は思い当たった。
「秋の日は釣瓶落とし」(過去記事)と同じだろう。

この時期は薄明かり時間が短い分、
色のグラデーションがより密でより濃いものとなる。
これが真夏の夜明けなら、もっと空全体が同じような色で明るく染まる。
それはそれで好きだけどね。


バイバイ、とつぶやきながらシャッターを切る。
そんなわたしに気付くと、車はスピードを落としてゆっくりと走りだした。


20090105063626(1).jpg
20090105063626.jpg
20090105063639.jpg



空がきれい。
木々の描く模様がきれい。
きれい、きれい、きれい。

それだけで幸せ。


東照宮へ到着。
まだ正面の門以外、すべての扉は閉ざされていた。
見渡す限り、他にだれもいない。

朝の空気は肌を刺すほど冷たかった。
都心の寒さとはワケが違う。

とてもじっとはしていられない。
けれど、冷たい空気は好き。

『冬はつとめて。
 雪の降りたるはいふべきにもあらず。【枕草子/第一段】

寒さで頬がピキピキと痛みだした。
たまらずぴょんぴょん跳びはねながら笑う。楽しい。
あいかわらず空は美しい。


20090105070005.jpg



突然、
"バサバサバサバサッ・・・"
鳥たちが飛び出した。


「朝がくるようです。」

「朝がきたようです。」


「それとも彼らがつぎの走者なのでしょうか?」



20090105070444.jpg
20090105070438.jpg
20090105070446.jpg



いま、わたしの目の前で
朝が息を吹き返してく。


20090105070336.jpg
20090105070353.jpg
20090105070419.jpg
20090105070225.jpg
20090105070254.jpg
20090105070318.jpg



その産声があがる様をじゅうぶん見届けた後、
さすがに限界感じて競うように車の中へ飛び込んだ。



今年いちばんではじめての朝を迎えた。

| 13:46 | trackback 0* | comment 0* |


<<日光東照宮を巡る #2 RUN! RUN! RUN! | TOP | 自然の中にひそむパターン(模様)#2>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/1265-7503ce32

| TOP |


05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示