オレンジのR+ //
2008.12.21 [Sun] + Days +
勝沼ワイナリー巡業 #8 ~ Crescent Moon

上気した頬のまま外に出ようとすると、湯冷めするよといつも顔をしかめる。
ネコっ毛なのでドライヤーの熱を嫌がり、ほどほどの生乾きでやめておけば、
まだ少し湿り気を帯びた毛先に触れて「もっとちゃんと」と文句をいう。

あとはほっときゃすぐ乾くから大丈夫という経験則に基づいた主張と
風邪ひいたらどうすんのという正論が織り成す一進一退の攻防戦は今だ決着つかずのまま、
けれど今回は最終バスの時刻がわたしに味方した。

お風呂あがりの巨峰ソフトクリームを逃したのは大きかったけど、
乗り損ねちゃかなわんとバス停に急いだおかげで
着いたのは時刻表が示す時間の3分前。

バス停以外は何もない田舎道。
あたりは真っ暗で他に待つ人の姿もなく、二人きり。
この様子じゃネコバスが登場しても不思議はないねーと言って笑った。

とても静かな夜だった。
だーさんは耳をすませてネコバスの足音を探している。


見上げれば、はるか遠くに輝く小さな月。
他にさしたる明かりもない場所で、
大胆にも砂つぶほどの三日月を捕らえてやろうと試みる


・・・が、どーにもこーにも光量が足りず、
シャッターがなかなか下りてくれない
→おそろしくブレブレ写真のできあがり。
月にいたっては、存在すら確認できないありさまで。

さすがのだーりんこも
「あれは無理だって。肉眼では見えても、月からの明かりなんてナイに等しいもん」。
それでも決して諦めることなくシャッターを切り続けるわたしを見かねて(根負けして?)、
「撮れるかどうかわかんないから(期待しないで)ね」とカメラを受け取り、構えだした。

体の重心を支えてくれそうなものなど何もない状態だったにもかかわらず、
ネコバスに乗り込んだあと「ほら」と返してくれたカメラに写っていたのは




今日いちにちずっと見守っていてくれた空と、
赤ちゃんみたいにちんまいちんまいお月様m

わたしの大好きな一枚です。











20081220170637-1.jpg



   × 250%



20081220170638.jpg





・・・おちびすぎるわ (*´д`*)




てーか今見てもこの写真すごすぎ。
よくこんなにもキレイに撮れたね、、神技!
もはや携帯からじゃ月を確認できないレベルかも。笑

ムリなお願いを叶えてくれて、本当にありがとう



帰り道すがら、
ネコバスから外の景色を眺めていたら
闇の中からまばゆい輝きを放つダイヤモンドが
連なるようにして走ってくるのに気がついた。


  x x x



「隊長!大変でアリマス!ダイヤモンドが列をなしてこちらへ向かってくるでアリマス!
とりあえず捕獲して売りさばきますか? (`Д´)ゞビシッ」
「あれは列車の窓の明かりやー。 もうすぐオレたちもあれに乗るんやでー」
「へえええええええそれはすてきねええええええええええ (*′∇`)ホワワンo





さ、一緒におうちへ帰ろう。

【酔っ払いたちの饗宴はツヅク】




甲府盆地はおもしろい!

太宰治は、『新樹の言葉』で甲府盆地をこう表現している。「よく人は、甲府を、「擂鉢(すりばち)の底」と評しているが、当っていない。甲府は、もっとハイカラである。シルクハットを倒(さか)さまにして、その帽子の底に、小さい小さい旗を立てた、それが甲府だと思えば、間違いない。きれいに文化の、しみとおっているまちである。」と。
[source:甲府盆地はおもしろい - エピローグ]


分かったような分からんような感想だけど、
とにかく太宰治さえも魅了したのは間違いない甲府盆地。
ホントに夕暮れの美しさや夜景のすばらしさは感動モノ!

甲府盆地の夜景:地上の銀河・ギャラリー(撮影:青柳 茂)より
何枚かご紹介させていただきます。


金子峠2

kouhubonchi_yakei00.jpg


雑木林の夜景

kouhubonchi_yakei01.jpg


甘利山から見た南アルプス市方面

kouhubonchi_yakei02.jpg


健康の森さくら&夜景

kouhubonchi_yakei03.jpg


本当に「地上の銀河」という表現がぴったり
興味を持たれた方は甲府盆地夜景のページへGO!コンテンツが充実していますよん

個人的には『甲府盆地はおもしろい』が特にオススメ。
ホンマにおもしろいです


関連リンク
 >> 【Liveカメラ 今の山梨】 :甲府盆地の東側から見る景色が一望できます。一分更新。
 >> 【甲府盆地のパノラマ】:重いけどがんばれ、だそう。笑
 >> 甲府盆地 - wikipedia

Tags // MyPhoto

| 10:46 | trackback 0* | comment 0* |


<<シャンパンの泡とひみつ | TOP | 勝沼ワイナリー巡業 #7 ~ The Beauty of Nature>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/1251-c08605da

| TOP |


05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示