オレンジのR+ //
2008.12.18 [Thu] + Days +
「エドシック・モノポール ロゼ・トップ」に惚れた

さて、シャンパングラスをゲットしたってことは
シャンパンもなくっちゃ始まんない!

ってなワケで、シャンパンを選びに来ました。
一目でピンきたのが、『エドシック・モノポール ロゼ・トップ』
即手に取り、お買い上げo


Rose_Top_l.jpg
etiquette_Rose_Top.jpg


ハートを呼ぶ幸せシャンパンは
この子に決めたhh


【HEIDSIECK & Co. MONOPOLE】Rose Top Brut
[エドシック・モノポール]ロゼ・トップ・ブリュット


創業は1785年、最も歴史あるシャンパンメゾンの一つ。19世紀初頭プロシア皇帝のご用達ブランドであり、また多くの法院から唯一納入を認められたシャンパーニュとしても知られる。ピンクゴールドで、おしゃれなイメージのロゼトップは、特級畑ブジー村のピノ・ノワールを使用し、トースト感、野イチゴなどの小さな赤果実の印象が食欲をそそります。まろやかで深い味わい、長いフィニッシュが楽しめる1本です。


ブランドのバックグラウンドなどはつゆ知らず、
例のごとく直感で選んだ一本だったけど、
なんとなく調べてみたら、ブランドヒストリーがめちゃおもしろいの!


アップロードファイル エドシック・モノポールの「伝説の味」

ロシア皇帝ニコライⅡ世からのオーダーを受け、1907年のビンテージエドシックモノポールシャンパーニュ3000本や、ブルゴーニュワイン、コニャックリキュールなどを船積したジョンコピング号は、ドイツの潜水艦Uボートにより撃沈させられました。ジョンコピング号と共に海底で80年の時を過ごすエドシックモノポールシャンパーニュには、偶然が重なり合いひとつの「奇跡」が起こっていました。その海底の沈没船はシャンパーニュにとって、最適の保存環境だったのです。


ph1.jpg
海底のスキャンで確認されたジョンコピング号


1998年、ついにジョンコピング号の引き上げ作業が行われました。80年の間に、同じく積載されていたブルゴーニュワインやコニャックなどのアルコール類はすべて不良品になったにも関わらず、エドシック・モノポールのシャンパーニュは非常にいいコンディションのまま時を過ごし、抜栓した時にはまだまだ若々しい状態のままでした。


ph2.jpg
引き揚げられた当時の様子


世界的なワイン評論家のクロード・マラティエ氏は、引き揚げ直後の試飲で、エドシック・モノポールをこう表現しました。『驚くべき事に、このエドシック・モノポールには、まだ若々しい果実味(カリンやアプリコット)と、バブルも存在しています。古酒の場合、開栓後に数分で劣化するということも珍しくありませんが、そのような短命さも見当たりません。今後、再び地上で数年間保存したとしても全く問題ありません」と。
そして、このニュースは全世界を駆け巡り、エドシック・モノポールは1つの伝説となりました。



etiquette.jpg

当時の広告。
ミュシャっぽいイラストが
かなりかわゆいo


 >> Heidsieck & Co. Monopole|エドシック・モノポール:ブランドヒストリー
80年間海の底にしずんていた奇跡の味の伝説

// no tags

| 19:04 | trackback 0* | comment 0* |


<<カウントダウン | TOP | MY "SPARKLING HEART" to you>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/1241-bf22a659

| TOP |


03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示