オレンジのR+ //
2008.12.13 [Sat] + Music +
Lovin' You 1975 #2 和訳 アイスルキモチ

アップロードファイル Lovin' You 1975 // ミニー・リパートン

幼い頃から歌に慣れ親しみ、早くからその世界へと足を踏み入れていたミニーだったが、その実力とは裏腹に、彼女の不遇の時代は決して短くはなかった。歌唱力を認められ、ソロとして、グループとして、何枚も曲をリリースしたものの、結果は散々たるものばかりであった。

そんな彼女の心の支えは、運命的な出会いから電撃結婚に至った夫・リチャードと、2人のこどもの存在だろう。音楽ではいまいちパッとしなかったものの、彼女のプライベートは幸せがあふれていた。

しかし、幼い頃から歌手を夢見ていた少女は、どんな状況に直面しようと、決して弱音を吐くことはなかった。「今、ここでレコーディングした作品がヒットしなくとも、この経験が将来きっと、役に立つ。ちゃんと、やっていれば、いつか道は開ける」とポジティブに捉えて、その道をひたすら邁進していった。


そんな彼女に人生最大の転機が訪れる。
スティーヴィー・ワンダーのプロデュースによるアルバムを出すことになったのだ。
その中に、かの名曲「Lovin' You」が収録されることになるのだが、
その「Lovin' You」にはこんなエピソードが残っている。


*・・・・・・・・・・・・・・・**・・・・・・・・・・・・・・・**・・・・・・・・・・・・・・・**・・・・・・・・

 スタジオでの録音作業が続いた。
 フロリダに住んでいたころ、
 幼いわが子を庭先のハンモックに寝かせつけるとき
 いつも二人のお気に入りのデモテープを聴かせていた。
 ミニーの高音部分がよく通る明るいスロー・バラード。
 これもアルバムに収録しようということになり、
 早速スタジオでレコーディングを開始した。

 しかし、何度レコーディングしてもしっくりこない。
 何かが違うのだ。
 なつかしい庭でこどもたちに聴かせたときと、今と。
 なぜ?

 そして、ついに二人は気がついた。
 「そうか。アレが足りなかったんだ!」
 あのしあわせな時間にあって、
 この録音テープに欠けてるもの。

 それはあの庭でデモテープ曲を聴いているとき、
 必ずに耳にしていたもう一つの歌―――小鳥のさえずりだった。

 すぐに彼らは新たに小鳥のさえずりを加えて曲を完成させた。
 それこそがうっとりするほどやさしい響きで甘い愛を歌い上げた永遠の名曲、
 『Lovin' You』である。


*・・・・・・・・・・・・・・・**・・・・・・・・・・・・・・・**・・・・・・・・・・・・・・・**・・・・・・・・

この曲は1974年の12月にデビューアルバム『パーフェクト・エンジェル』のリリース後にシングルカットされるやいなや、瞬く間に全米で大ヒットとなった。
なんとビルボード誌75年4月5日号では、みごとNo.1の座を勝ち取っている。
その後、ミニーは著名なアーティストから曲の提供を受けるなど、数々の名曲を世に放つものの、
ついに『Lovin' You』を超えるヒット曲が現れることはなかった。


アップロードファイル kotomo訳、および歌詞の解釈

んで、もんのすごくすてきな歌詞なんで和訳・・・と思ったんだけど
シンプルなことばな分、すごく奥行きがあるので
kotomo流解釈にちかいかも。笑

   *    *    *    *

Lovin' You / Minnie Riperton (1975)


Lovin' you is easy cause you're beautiful
美しいあなたに、私は恋をせずにはいられない

Makin' love with you is all I wanna do
あなたとひとつに溶けあえたら、それだけでいい

Lovin' you is more than just a dream come true
あなたを愛しく想うことは夢見てた以上の悦びと幸せ

And everything that I do is out of lovin' you
私の声が、しぐさが、全身が、あなたへの愛をささやいている

Lalalalala...
Dundundudu Ah...


(*)
No one else can make me feel
今までにない気持ちがあふれて

The colors that you bring
わたしはあなた色に染められてゆく

Stay with me while we grow old
これからもその先もずっとそばにいて

And we will live each day in the springtime
ふたりならきっと 日々が春のような穏やかさに包まれていく

Cause lovin' you has made my life so beautiful
あなたへの愛を知り、私の世界は美しいものへと姿を変え

And every day my life is filled with lovin' you
いつだって私の日々はあなたへの想いで満たされてゆく

Lovin' you I see your soul come shinin' through
愛しい人、あなたの魂が輝いてくのが見えるわ

And every time that we oooooh
ああ あなたと愛し合うたびに

I'm more in love with you
ますますあなたへの愛に溺れてゆく

Lalalalala...
Dundundudu Ah...


(*)Repeat


x 永遠の詩/THE BEST OF MINNIE RIPERTON [Best of]

   *    *    *    *

関連リンク
 >> ミニー・リパートン - wikipedia:有名なスティーヴィー・ワンダーとのエピソード有。

| 14:16 | trackback 0* | comment 0* |


<<車での定位置 | TOP | Lovin' You 1975 #1 アイウタ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/1231-5d52448f

| TOP |


08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示