オレンジのR+ //
2008.11.21 [Fri] + Days +
「ボージョレ」「ボジョレー」「ボジョレ」「ボージョレー」

すっごく気になることがひとつ。
今年からニュースキャスターたちが口を揃えて
『ボージョレ・ヌーヴォー』と言い出したのはなんでだろう。
去年までは『ボジョレー・ヌーヴォー』だったじゃん。

別に『ボージョレ・ヌーヴォー』だろうが
『ボジョレー・ヌーヴォー』だろうが
どっちでもいいけど、
なんで今更読み方を変えたのか気になってしまう。


wikipediaにあるBeaujolais の日本語表記の説明を読むと、

Beaujolais の日本語表記については現在、種々の表記がみられる。「ボジョレー」(最後の音節に来る規範アクセントを長音符で表した場合)、「ボジョレ」(表さない場合)、「ボージョレ(ー)」(eau を慣習的に長音の「オー」で転写する場合)がある。新聞などは「ボージョレ」という表記を採用しているところが多い。一方、雑誌やワイン売場の店頭などでは「ボジョレー」「ボジョレ」という表記がよく見られる。お酒業界にこの表記が多いのは、ソムリエ協会の表記がボジョレーであることに起因する[要出典]。「ヴォジョレ(ー)」は、原音が/v/ではないので誤りである。『広辞苑』には「ボージョレー」として第四版(1991年)から記載された。




(´∇`).。o



・・・なんか「わ、広辞苑ずっこい!! 」と思ってしまったのは私だけ?


今年は11月20日が解禁日ですってよ、奥様!jx
もはやボージョレ・ヌーヴォー(←時代に流されてみる女・kotomo)にさしたる興味もないんだけど
いちお季節モノだし、『初ボージョレは好きな人と飲むとずっとラブラブxxx』ジンクスは実行!



また来年ね (*′∇`)o




で、充電!


 >> サッポロのワイン 知って愉しむボジョレー ヌーヴォー:解禁日が11月の第3木曜日になったのは、休日を避けるためらしい。

Tags // Wine

| 02:15 | trackback 0* | comment 0* |


<<うまくいかない理由 | TOP | ONE-LINERS #2 ピカソの遊び心の軌跡>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/1206-9a6d9c6d

| TOP |


07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示