オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2006.02.04 [Sat] + Days +
夜景

*同じものを見ても、受け取り手によりその解釈は異なる。
感性とはその人の過去から生まれ、その人の未来を暗示させるひとつの指針ともなるのだろう。

例えば夜の明かりの群れにさえ、複雑な想いを寄せる人がいる。

「このたくさんの明かりの中にはそれぞれ人がいて、それぞれの人生を歩んでいる。
 その生活の中には、いまや当たり前の様にインターネット環境が浸透している。
 例えばその多くの人はwindowsを使ったり、yahoo!を見たり、googleを利用しているんだ。
 彼らのサービスはこの見下ろす明かりの中でさえ、確実に存在して価値を生み出している。
 世界全体で見たらどれほどだろうか。
 対して、自分の生み出したサービスの影響はこの明かりの中にどれだけ見つけられるのか。
 そんなことを考えると、いろんな気持ちが・・・こみ上げてくる。」
自分の中でもどかしさを感じる人がいる。


その、決して自分が含まれていない光の中に希望を見出す人がいる。

「数え切れない明かりの中、あたしとは無関係にいろんな人が自分の道を生きている。
 あたしが今泣こうが笑おうが、その影響を受ける人はいないだろう。
 あたしがどんな失敗をしたら、その人たちに迷惑をかけることができるのか。
 話題にのぼることすらないだろう。
 だからこそ自分が正しいと思う道をためらいなく選んでいける。
 だって、失敗したからといってあたしは何を失うんだろう?」
まぶしい光の群れからはじきだされた疎外感こそが、あたしを強くしたりする。





// no tags

| 00:00 | trackback 0* | comment 0* |


<<子供な大人 | TOP | あもとあたしの素敵な関係 ③>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/119-8ad7cedb

| TOP |


09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。