オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2008.10.31 [Fri] + Days +
ドイツの味といつかのハネムーン願望

本場のドイツ料理をまんま出してくれるお店にきたよ

ドイツ帰りの友達にその旨をメールすると

 >ドイツ流ヴァイツェンビールの正しい注ぎ方
 >
 >まずは7~8割ほどグラスへ静かに注ぎ、
 >残りはビン底や内側についている酵母をさらうように
 >20秒くらいふりまくってから泡をのせるように注ぐべし。

とのお達示が。


200810302054000.jpg


たしかにウマウマーxx


ところで、わたしも昔ドイツに行っているんだけど
実はあんまりその辺のことを覚えていないんだよねx

けど、本場のドイツの味で断片的だった記憶のカケラが
ちょっとずつつながってきた…ような。←微妙

やっとお酒が飲める年齢になったばかりで
ビール(というかアルコール類全般)なんてまずくて飲めたもんじゃなかったけど
ヴァイツェンビールは飲めたなとか
ウインナーはおいしかったけどキャベツの酢漬けはキツかったなとか
丸いボールみたいなお菓子食べたなとか。
(↑ローテンブルク名物のお菓子「Schneeball シュネーバル」のこと)


わたしね、小学生のころとある推理小説を読んで以来、
ドイツの古城にずーっと憧れてたのs
だからロマンティック街道じゃなくて古城街道めぐりに行ったんだよね。

ちょうど国(地方)によってユーロが使えたり使えなかったりしたから、
2002年初めの頃か。
もうずいぶん昔のことになるんだなあ。。


ちなみにその推理小説の影響で
古城を訪れるだけじゃなく、
まるまる一週間、ドイツの古城でハネムーンを過ごすことにも憧れを抱いていた私。

その旅行以降、
「ドイツの古城でハネムーン願望s」はみごとになくなりましたな。

いや、古城は相変わらず好きなんだけど
別にドイツじゃなくてもいいかなって。笑

ピクルス全般が苦手なわたしの場合、
甘ーいラブラブ期間に食べるのは
ドイツ料理じゃない方がいいのかもって悟ったみたいo
でもふつうに旅行としてまた行きたいな。



いまじゃお酒ならだいぶイケる口です

// no tags

| 01:44 | trackback 0* | comment 0* |


<<精神が肉体を凌駕する漢 | TOP | 生きてる餃子>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/1182-6548d648

| TOP |


10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。