オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2006.02.02 [Thu] + Days +
あもとあたしの素敵な関係 ②

*年末に39度を超える熱が出た時のこと。
平熱が35.5度のあたしにとって、トイレに行くのはおろか
寝返りを打つのさえしんどい状態。

唯一口にすることができるのはミカンだけ。
前日にいやな悪寒を感じ、ネット単位で買いをしておいたのが幸いだった。
それでなんとか喉を潤し、ひたすら熱が下がるのを待った。

直射日光が苦手なあたしの部屋は、遮光カーテンにしてある。
明かりがなく真っ暗な部屋の中、時間の感覚もないまま少し目を覚ましては寝ての繰り返し。

途中、あもが外に出たいと騒ぎ出したので
仕方なく部屋に放しっぱなしにしたのはうっすら覚えてる。

すごい寝汗の中、目が覚めた。
起き上がる気力もなくミカンの定位置に手を伸ばすと、なぜかミカンがひとつも無い。
なぜだ・・・。転がっていったのかな・・・。
朦朧とする頭の中、どーでもよくなっていつのまにかまた眠りに落ちていた。


ピークを越え、熱も37度台に落ち着いた頃、真実を知る。
ソファーの下のあもの宝物の隠し場所にネットに入った状態のミカンを発見した。
思わず脱力して_| ̄|○ ←状態になるあたし。
とりあえずミカンに手を伸ばしたら、ちょっとあもに威嚇された。


ちがうもん。
それ、あたしのだもん。。



// no tags

| 00:00 | trackback 0* | comment 0* |


<<あもとあたしの素敵な関係 ③ | TOP | あもとあたしの素敵な関係 ①>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/117-43c08abf

| TOP |


07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。