オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2008.10.04 [Sat] + 伝統/異文化理解 +
「MOTTAINAI」日本の美徳の真髄は4つ目のRにあり

問題。

2004年に環境分野で、またアフリカ人女性として初のノーベル平和賞を受賞した、元ケニア環境副大臣のワンガリ・マータイさんが世界に通じる環境標準語にしようと提唱している「日本の美徳の真髄」ともいえる言葉とはなんでしょう?


答え。

「MOTTAINAI」


x 環境 3R + Respect = もったいない

Reduce(ゴミ削減)、Reuse(再利用)、Recycle(再資源化)という環境活動の3Rをたった一言で表せるだけでなく、かけがえのない地球資源に対するRespect(尊敬の念)が込められている言葉、「もったいない」。
この美しい日本語に感銘を受けたマータイさんは、環境を守る世界共通語「MOTTAINAI」として広めることを提唱しました。


もともと「もったいない」とは、ものを意味する「物体=勿体(もったい)」と、それを打ち消す「ない(無い)」により、ものの本当の価値が生かされずムダになってしまうのが惜しい、という気持ちを表したことば。
ここまでなら英単語の"wasteful"でもじゅうぶん間に合いそうなもんだけど、そこに"ものを大切にしたい"という思いや、そのものを得るまでのさまざまな苦労への感謝と敬愛の念も込めるのであれば、やっぱり"MOTTAINAI"が一番しっくりくると思う。

この辺は本当に日本語特有の美しさ・すばらしさよね。
環境の3Rのみならず、4つ目のR:Respectまで含むことばは日本語だけ・・・なんて、すごくロマンチックで素敵だと思うんだけどな。
この運動の広がりが、「もったいない」精神を育むとともに、改めて日本語の美しさや日本文化に根付く精神を見直す良いきっかけになるんじゃないかな。


ところで、「もったいない」について調べていたらこんなものを見つけたよz
うわ、かなりなつかしー!!笑
おなじく昭和生まれぴーぽうなら誰でもそう叫ぶに違いないhu


[AC CM]公共広告機構 もったいないおばけ




このCM、こども心にはちょっと恐かったなあアップロードファイル

でももったいないばあさんムービーと比べてしまえば
こどもにとってインパクト大=より深く心に刻まれるのは前者であるのは間違いないし、
実際、「好き嫌いをするともったいないおばけが出てくるよ!」の一言で
泣く泣く苦手なたべものをのどの奥へ流し込んだお子様も多かったハズ。

はたして、今のこどもたちにもこのフレーズって通用するんだろーか?


んで、上 に思わず脊髄反射してしまった人、こんなんどーよ?

[AC CM]公共広告機構 ごめんなさいいえるかな?



[AC CM]公共広告機構 おてつだいしてるかな?



【公共広告機構(AC)】つんつん娘‐昭和の懐かし公共広告



[AC CM]公共広告機構 みんな仲よく




関連リンク
 >> もったいない - wikipedia
 >> MOTTAINAI公式HP
 >> MOTTAINAI SOUND ~未来の子どもたちへ:公式HPのコンテンツなんだけど、なぜ最新サウンドが『三宿の雨』。。いや別にいいんだけど。でもなぜに三宿・・・?
 >> もったいないの語源・由来
 >> もったいないお化け - wiki

| 11:51 | trackback 0* | comment 0* |


<<悪魔の決めゼリフ | TOP | 幸せを呼ぶゴミ収集車(仮)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/1145-630936e8

| TOP |


09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。