オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2008.09.21 [Sun] + Art/Design +
空の色

私が好きな日本の絵師は、歌川広重。
その広重のみならず、モネやゴッホ、セザンヌなど印象派画家たちに多大なる影響を与え、
1999年にはアメリカの雑誌『ライフ』の特集「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」にて日本人で唯一ランクインした人物といえば、葛飾北斎。

葛飾北斎の『富嶽三十六景』は発表されるやいなや、世間に衝撃を与えた。

理由の一つは、今まで描いたところで見向きもされなかった『自然の風景』を
遠近法を用いた大胆な構図で生き生きと描いたため。

そしてもう一つの大きな理由は、
この絵で初めて『ベロ藍』という西洋の青色が使われたため。
それまで日本には青の顔料が存在しなかった。
その鮮やかな青色をはじめて目にしたものは
たちまちその虜になったという。

「ベロ藍」の登場により、以来、
絵師たちは絵の中の空や海に青色をつけることができるようになった・・・
そんな話を聞いた。


じゃあそれまで描かれていた空や海は、何色だったのかな。
何色も染められていない空間に見る人がすきな色をのせてたんかな。
それもステキだね。

いまも実は空に色なんてないのかもしれない。
目に映る空の色は自分自身。


だからなのかな、
私は空を見るのが好き。



200804152137281.jpg




一緒に見上げる空は
いつも心震えるほど美しい。

けれど心震わせながら一緒に見上げた空だから
いつでも美しかったのかな、、






ねえ、どう思う?



| 17:57 | trackback 0* | comment 0* |


<<きみの目に映る世界 | TOP | 西麻布 VINO DELLA PACE>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/1114-a345072d

| TOP |


07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。