オレンジのR+ //
2008.09.05 [Fri] + Days +
「書」=自「跡」

手習いは楷書のみ、
子供のお稽古事程度だったけど、
それなりに得意だった。
なにより好きだった。
ほめられると、嬉しかった。


数多くのすばらしい作品を鑑賞していく内に
その字を綴る筆の動きが頭ん中で勝手に自動再生されてゆく。


>>>>>>>>>> 再生 >>>>>>>>>>


留め、撥ね、はらい、勢い・・・。
強弱や緩急、筆脈をなぞる。

ここで 息を とめて、___




        ___ここまで 一息。


筆に墨をふくませ 毛先をならす。
心の準備ができるまで 何度も 何度も。



「集中」



半紙に筆を入れる。
まず、一画。





それから硯箱に筆を置く瞬間まで
緊張の糸は 乱さず 乱れず。


<<<<<<<<<< 停止 <<<<<<<<<<
        

自分の息つぎが見える。
迷いは筆先を揺らす。
そんなところが好きだった。

特別展で美しい字を見つける度、
うっとり感動するよりも
それを臨書(手本を写して書いて学習すること)したくて、もうウズウズz

ミュージアムショップでは書籍には目もくれず(←相当めずらしい)
真っ先に習字道具販売コーナーへ。


・・・あーやっぱりどうしよう、、
道具一式を揃えただけで終わっちゃうのは嫌だし
思い入れが強い分、やるならしっかりと続けて行きたい。
中途半端になるくらいならまだしばらく硬筆書写で我慢しといたほうがいいのかな、、
でもどうせいつか始めるのなら、この「今」受けた刺激をムダにしたくないし・・・


う~ん、、


ひとつ、
あとなにか一つ背中を押すきっかけさえあれば、、(@○@)m




そのとき、
「ねえ筆ってどういうのがいいん?」と隣りにひょっこり現れただーこさん。

「え、書道やりたいの?興味あるん?」

「うん!!・・・・というか昔からやってみたかったんだけど、筆選びとか分からないし、今までずっとそゆの見繕ってくれそうな人間が周りにいなかったから始められなかっただけ。
ねーオレにだったらどれがオススメ?z




き・・・




きっかけいたああああああ!!xxx
z←きっかけ]







えと、

趣味程度ですが
書道をまた始めマシタh001

// no tags

| 00:38 | trackback 0* | comment 0* |


<<粉モノ水モノ | TOP | 下町散策>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/1088-3b91bba6

| TOP |


05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示