オレンジのR+ //
2008.08.28 [Thu] + Days +
【美術鑑賞編】アメリカの親子とヨーロッパの親子の比較

先日アメリカ出張でオマハ→ワシントンD.C.と回った後、知人に会うためニューヨークで一泊してから帰国したんだけど、まーこれが山あり谷ありで。
立て続けに嫌な思いをした上に撮りためた写真が全部ふっとんだこともあって、あまり話題にすることもなかったけれど、もちろん良いことや楽しかったこと、親切にしてもらったこともたくさんあったしii

特にワシントンD.C.は良かったよ。
プライベートでは足を運びにくい場所だけど、着いてみればスミソニアンだけでもかなり見応えはあるし、個人的にはNATIONAL GEOGRAPHIC本部フィリップス・コレクションナショナルギャラリースパイミュージアムはかなり気に入りましたheart

そう、ドキュメンタリー&ネイチャー好きなら絶対に外せない NATIONAL GEOGRAPHICの総本部に行ってきたんだよ!!(^○^)ワーイh000
時間を見つけては連日一人でせっせと足繁く通っておりました。笑


今回特に感じたのは美術館などでの親子間、とりわけ父親とこどもとの関係がヨーロッパでの印象と多少なりとも違うなあということ。比較してみると、

ヨーロッパ こどもを「一人の大人」として扱った上で一緒に美術鑑賞するといった感じ。こどもたちも場慣れしてるせいもあるんだろうけど、きちんと大人と同様にマナーよく振る舞っていました。

アメリカ 「親子」という関係がそのまま持ち越されている印象。「家族」ではないところがポイントで、「師弟」と言い換えても良いかもしれない。経験・知識を与える側、与えてもらう側という役割分担が明確な感じ。
その分、こどもたちは無邪気な好奇心を素直に体中で表現していて、こどもらしかったかな。
でも「お目付役」がすぐそばにいるのでお行儀よくしてたよy

そこで先生役を買って出るのはもっぱら父親。
そんな父親の姿や話を聞いて「パパすごーいいぃ」「そーなんだぁ!xxx」とキラキラした目で父親の背中を見上げるこどもたちはほんとーーに可愛いかったですらぶらぶ

全体的に、アメリカ人の男性って大人になってもこどもの様な好奇心や探究心を持ち続けて素直に表現するタイプが多いんだなあといった印象。さすがアメリカンドリームの国、といったところでしょうか。
「師弟」と表現したけれど、隊長とちびっこ隊員たちと言ってもいいかも。
とくにそれは父親 × 息子の間に顕著に現れるらしく、個人的にはすごく理想的な父親と息子の関係だなあと思いましたh002

NATIONAL GEOGRAPHICで見かけた、とあるファミリーの話。

パパはキャップにポロシャツ、ハーフパンツと分かりやすく典型的アメリカン。
手をつないでいるのは5歳くらいの男のコで、お兄ちゃんより一回り体のちいさな弟くんはパパに肩車をしてもらっていて。スタイルの良いママが押すベビーカーには2歳くらいの妹ちゃんが乗っていたの。

そのファミリーは建物の外壁にずらりと取り付けられたプラズマディスプレイの一つに見入っていて(それぞれ別の番組が流れている)、微笑ましいなあと思いつつその横を通り過ぎて行ったんだけど。

たっぷり一時間近くたってからまた同じところを通りかかったら、なんとまだその一家がいるし!!
さすがに弟くんは飽きてしまったらしく、肩車されたまま「飽ーきーたーー!」ってなそぶりでモゾモゾしていたんだけど、一方のパパさんとお兄ちゃんはさっきと同じポーズのまま、しかも二人揃って口をポカンと開けたまま画面にじぃーーーっと釘付けになっているのね。
それを一歩下がった位置で苦笑しつつ見守るママ。妹ちゃんはベビーカーの中ですやすやと寝息を立ててました。

そのパパさんとお兄ちゃんの様子を見て「ああ間違いなくアンタたちは親子だよ、、xxxホロリ」と思わず心でつぶやいたわ。笑


ちょっと理想です、そゆの。
そんなダンナと息子の並ぶ背中を見た日にゃ、目頭が熱くなっちゃうだろうみゃ。

もーNATIONAL GEOGRAPHICはそんな子供みたいな大人たちが集うような場所なので、
なにかと張り切るパパさんと息子を見かける度に胸がキュンキュンしてました。あはheart
あゆのを見ると、あー家族っていいなー欲しいなーと切実に思うわわ。


また絶対にNATIONAL GEOGRAPHICに遊びにいくぞー!!
あとフィリップス・コレクションも絶対絶対もう一度行きたいの。めちゃめちゃ良かったよ!!


関連リンク(全て英語サイト、文中のリンクは日本語サイト【スパイミュージアムは除く】):
 >> National Gallery of Art, Washington
 >> National Geographic
 >> THE PHILLIPS COLLECTION
 >> International Spy Museum:むっちゃくちゃこどもたちに人気ミュージアム。
  ここだけの話、ワシントンD.C.について一番最初に行ったもん。笑

// no tags

| 20:07 | trackback 0* | comment 0* |


<<チキンの骨から恐竜をつくろう! | TOP | 黄昏時>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/1073-720cf9b6

| TOP |


05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示