オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2008.07.29 [Tue] + kotomoの中の人 +
胡蝶の夢

荘子の【胡蝶の夢】という話を知っていますか?

いつか荘周(わたし=荘子)は、夢のなかで胡蝶になっていた。
その時、私は喜々としてまさに胡蝶そのものであった。
ただ楽しいばかりで心ゆくままに飛び回っていた。
そして自分が荘周(そうしゅう)であることに気がつかなかった。

ところが、突然目がさめてみるとまぎれもなく荘周そのものであった。
いったい荘周が胡蝶の夢を見ていたのか、
それとも胡蝶が荘周の夢をみていたのか、
私にはわからない。

けれども、荘周と胡蝶とでは、確かに区別があるはずである。
それにもかかわらず、区別がつかないというのはなぜだろうか。
ほかでもない、これが物化というものだからである。



DSC05574.jpg


「物化(物の変化)」とは「万物が変化すること」。

つまり『わたし』は今、
たまたま『荘周』になって『胡蝶』の夢をみているのかもしれないし
たまたま『胡蝶』になって『荘周』の夢をみているだけかもしれない。

そして『荘周』と『胡蝶』は全く別のものであるのは間違いないが
その実、『荘周』だろうと『胡蝶』だろうと『わたし』は『わたし』であることに変わりはない。

―――なんだか頭がこんがらがってきそう?笑
これは荘子が唱え続けた「万物斉同」そのものですね。



flyingbutter11.jpg



まあ とりあえず小難しい話はその辺にしておいて
もうすこし 蝶々のまま 自由に飛び回っていたい、、
とどまり続ける事は 少し苦手



 >> 荘子 - wikipedia

// no tags

| 00:17 | trackback 0* | comment 0* |


<<エビの神様! | TOP | 朝日と夕日のちがい>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/1040-0302b08b

| TOP |


09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。