オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2008.07.17 [Thu] + Days +
映画『グッド・シェパード』 ~良き羊飼いのオハナシ~

先日、『グッド・シェパード』をDVDで観ました

the_good_shepherd4.jpg

STORY:
1961年4月17日、キューバのカストロ政権転覆を狙った上陸作戦がCIA内部の情報漏れにより失敗し、CIAは窮地に立たされる。その数日後、作戦を指揮したエドワード(マット・デイモン)の元にCIA内通者と敵側スパイと思われる男女が映ったテープが届く。彼は部下のレイ(ジョン・タートゥーロ)にその分析を依頼するが……。

CIA創設に係わったとされる実在の人物エドワード・ウィルソンの半生記。
監督は俳優としても出演するロバート・デ・ニーロ × 製作総指揮フランシス・フォード・コッポラ。
言わずもなが往年の名作ゴッドファーザーコンビ!
さらにマット・デイモンにアンジェリーナ・ジョリーとくれば手に取らざるをえないわけです。


想像以上に深い映画でした。
その上、俳優陣の演技も申し分ないし、
やや細切れ感が気になったものの、各シーンが絵画のように印象的で美しい。
ゴッドファーザーの世界観を彷彿とさせます。
音楽は文句なく素晴らしい。

俳優として画面の中でも多大なる存在感を発揮していたデ・ニーロ。
これが監督としての第二作品目だとは、ただただ脱帽するのみ。
溢れんばかりの才能を感じさせますな

若干ラストシーンにもの足りなさを感じたものの、
「デ・ニーロは冷戦終結から現代に至るまでを第二部、第三部として製作予定である」と聞き納得。



■ よいこの為の注意事項

いかんせん、とにかく長い。
予告編を含めると約3時間もある。笑

また、この作品はフィクション歴史物語(=歴史上の事実をベースにしてフィクションを織り交ぜて再構築されたドラマ)という性質上、ストーリーを理解するためには当然元となっている事実への理解を欠かす事ができません。
とくにこの映画はのっけから過去と現在がめまぐるしく交錯しながら進行してゆく上に
マットが童顔すぎて、見た目だけじゃ時代の判別が難しいため、
予備知識のないまま観始めると、最初の一時間くらいはイマイチ内容(と時系列)が分からず
( ゚д゚)ポカーンとなってしまう可能性大。←経験談。笑


もっとも、ようやくストーリーについてけるようになった中盤あたりからは
一瞬たりとも目が離せず引き込まれてたけどねhu

そうならないためには、事前にグッド・シェパードの映画評論を一読しておくと良いかも。
あわせてWikipediaもねstar02


■ "THE GOOD SHEPHERD"とは

さて。
タイトルにもなっているグッド・シェパードとは・・・

タイトルの『グッド・シェパード』とは聖書内に登場する「良き羊飼い」を意味する。
[グッド・シェパード - wikipedia]


この『グッド・シェパード』の意味については上記サイトでも触れられていますが
私なりにもう少し掘り下げてみようと思います。

まず、聖書の中から【良き羊飼い】に関する記述部を挙げてみます。

「良き羊飼い」より

羊は弱くて臆病で自分で身を守れない、また迷いやすい動物だと言われます。そのくせ頑固で自分勝手で愚かで、放っておくと牧草地を荒れ地にするまで草を食い尽すそうです。このような羊にとって、羊飼いは絶対必要な存在なのです。
聖書は人間と神、指導者と民との関係を羊飼いと羊にたとえております。


良い羊飼いであるイエス様より

しかし、その一方で、良い羊飼いが安全な正しい方へと羊を導こうとすれば、それまで羊を食い物にしていた強盗のような権力者たちは自分の偽善や貪欲が暴かれることを恐れて、良い羊飼いであるイエス・キリストを嫌い、イエス様を殺そうとさえし始めるのです。その様な時にも良い羊飼いである主イエスさまは先ず第一に、ご自分の羊のことを思い、愛する羊のためには命をも惜しまないことを、このみことばは語っているのです。


その結果、主イエスさまはイスラエル民族の一致と団結を乱す者として神殿の権力を持つ指導者によって弾圧され迫害を受け、結果的には十字架に掛けられて命を奪われることになるのです。


まさにその言葉の通り、自身を犠牲にしてまでも正しい方向へとお導き下さった、イエス・キリスト。
CIAの創設という国の命運を掛けたプロジェクトに全てを捧げた男、エドワード・ウィルソン。

一見、彼を【良き羊飼い】に重ねることはなんら問題ないようにも思えますが
そこにアイロニーや物悲しさを感じざるを得なかったのは、きっと、

" なぜデ・ニーロは彼の事を【英雄(ヒーロー)】とは呼ばずに
 【良き羊飼い】と喩えたんだろう " って

思ってしまったからかもしれない。






どうして、なかなか。
深いじゃないか と。


続編を期待したいナリii


 >> 「グッド・シェパード」公式HP

the_good_shepherd7.jpg


Tags // Movie

| 00:35 | trackback 0* | comment 0* |


<<映画『グッド・シェパード』の印象的なセリフ | TOP | あの日>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/1021-02aee053

| TOP |


09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。