オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2008.07.08 [Tue] + Days +
二見浦のダイヤモンド富士

タクシーの車内で夫婦岩の話題になったとき、
運転手さんはこう訪ねてきた。



「お客さん、二見浦のダイヤモンド富士って知っていますか?」




20080707075217-1.jpg
運転手さんが大事そうに見せてくれた新聞の切り抜き。
今年初のダイヤモンド富士。【2008年06月14日付の記事】

[ 二見浦より見る「ダイヤモンド富士」- wikipedia ]

二見浦での風物詩は、夏至の「サンライズ」である。それは江戸時代より二つの岩の間より昇る、「日の出」が観測されている。その「サンライズ」は富士山の背後より昇る「日の出」である。
現在では「ダイヤモンド富士」の愛称で呼ばれ、その出現の時刻は4時29分頃になり、約1週間程度観測されると云う。そしてこの方角を静岡県に当てはめると、田貫湖畔になり「ダイヤモンド富士」として親しまれている。

このダイヤモンド富士といえば、数多のカメラマンにとって死ぬまでに一度は撮りたい一枚だそう。

しかし遭遇できるチャンスは一年の内でも夏至をはさんだたった数日。
にも関わらず、この時期は梅雨と重なってしまうため、実際にダイヤモンド富士が観測されるのは10年に1度とも言われています。
まさにカメラマン泣かせですなあ。


こんな記事もあったよxxx
 >> 夫婦岩の中央から「ご来光」-シャッターチャンス狙いカメラマンが陣取り合戦

二ヶ月間もの間、あの場所ででっかいカメラ機材を抱えたおじさまたちが200人近く押し合いへし合い目を輝かせて美しいダイヤモンドが現れるのをワクワク待っているのかと想像すると、かわいいやら泣けてくるやら・・・ふ

// no tags

| 00:12 | trackback 0* | comment 0* |


<<【Image Gallery】二見浦のダイヤモンド富士 | TOP | 夫婦岩にて>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/1014-69d98b8b

| TOP |


07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。