オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2008.07.07 [Mon] + Days +
猿田彦神社にて

外宮からはタクシーで移動です。


20080707074622.jpg


ぜんぜん関係ないんだけど、
タクシー会社の前のお店の看板がめちゃかわゆかった
思わずパチリ

20080707074552.jpg


ぺこりんたぬきさん
時間があったら花火見たかったなあ。

20080707074556.jpg


そんなこんなでタクシーに乗り込み、
運転手さんと談笑しながら内宮へGO!!


・・・と、その前に猿田彦神社へ。
もうその辺は歩く人間地図帳こと「THE☆頼れる男」の彼にすべてお任せしています。


20080707080426.jpg


> 猿田彦神社の由来

猿田彦大神は、ものごとの最初に御出現になり万事最も善い方へ“おみちびき”になる大神で、天照大御神の孫、ニニギ尊(ニニギノミコト)が、神々の国である高天原(たかまがはら)から宮崎県の日向(ひゅうが)の高千穂に向かう際、猿田彦大神がその道案内をしたことから、道や境界を守る神様・方位の神様として信仰を集めるようになりました。
古事記、日本書紀などにも「国初のみぎり天孫をこの国土 に御啓行(みちひらき)になられた」と伝えられています。


『道を切り拓いて行く力をお与え下さる』そうで、これから目標に向かって精進される方、新たな決断をされた方、人生の岐路でなにか迷われている方はぜひ訪れてみてはいかがでしょう?
また、お伊勢参りする直前に参拝すると『道案内』の神様のお導きが得られるので吉と言われており、訪れる方も多いそうです。


木立の中、ひっそりとたたずむ猿田彦神社。
「ここらで一息しませんか?」

20080707080437.jpg



ところで、以前から何人かの友人に「身の回りに鈴をつけておくと邪気を払って良い気を呼び込んでくれるよ」「アドバイスされて携帯ストラップに鈴をつけてから運気があがったからkotomoもやった方が良いよ」といわれたの。
それで一時期ガムランのストラップをつけていたんだけど、あるとき外れてしまってそのままになってたんね。

以来ずっと鈴のストラップを探していたので、内宮あたりで何かあったらいいな・・・と思っていたんだけど、猿田彦神社で干支ストラップを一目見たとき「コレだ!」と感じて即購入。


cccdddd1.jpg


こけこっこーですわ。
しびぃ感じがお気に入りheart

なんかこのストラップの鈴の音、
聞くたびに小さい頃よく遊んだ近所の三毛猫を思い出すの。
たぶん音色がそっくりなんよねhappy tone



猿田彦神社の境内の中央には八角形の石の文字盤があります。
これは方位盤と言われるもので八方位を示しています。
ほら、よく「八方塞がり」という言い方をするでしょう?
あの八方です。

20080707080005.jpg


これは方位気学に基づくもので
「神仏は南面し、信徒は北面するをもって、天地の常態と成す」
=日本の神道では、神が北方位に背を向けて、北からの寒風を遮り、信者は南の温かな陽の光を背に受けて礼拝する方位関係になっている

[source:小熊でも解る“九星気学”]

・・・とのことですが、阿呆には難しい(@○@)


この方位盤の決められた方位の文字に手を当てて祈願すれば実現すると言われており、
風水師のDr.コパさん曰く
・仕事運を上げたい人・・・「亥→卯→未」の順に、
               手のひらで石に刻まれた文字を押さえます。
・金運をアップしたい人・・・「巳→酉→丑」の順に、
・精神的な安定や財産を手に入れたい人・・・「申→子→辰」の順に、
・人気や才能を高めたい人・・・「寅→午→戌」の順に。

[source:開運!伊勢神宮・神社参拝方法&おかげ横丁旅行記]

と願掛けすると良いそうです。


境内右手に進むと、猿田彦の奥さんである天宇受賣命を祀る『佐瑠女神社』があります。
天照が隠れた天の岩戸の前で踊りを披露して誘い出したことで知られる神様ですね。
この佐瑠女神社は芸能関係者の間では特に芸事を生業とする神様として知られており、実際彼も「周りはみーんな必ずここの御守りを持っているよ」と言ってました。
天宇受賣命は美女の代表・元気でおおらかな女性の鏡とも言われてるので、美しくなりたい人もぜひhh
美と芸能の女神を慕って数多くの芸能人や宝塚ジェンヌが参拝するそうですよ。


また、猿田彦と天宇受賣命は二人抱き合った像がある程の夫婦和合でも知られており、
縁結びや夫婦和合の神様としても信仰されています。
夫婦和合=子孫繁栄に通づることから、昔は安産祈願のお守りとして妊婦さんのさらしにこの神社の御朱印を押したそうで、今はサラシを巻く人も少ないので小さな布に御朱印を押したものが販売されているんだってh001
[source:猫のまにまに・・・。2nd Season]


つまり佐瑠女神社をお参りすれば、美と芸事の才能が開花し、良縁に恵まれた上に夫婦仲睦まじく過ごすことができ、子宝に恵まれるのも夢じゃないということかしららぶらぶ


DSC_0008-1.jpg

DSC_0009-sary.jpg



・・・なぁんて欲張ることはせず、大切なことだけお願いして、
忘れず御守りもGETしたkotomoなのでした


| 09:01 | trackback 0* | comment 0* |


<<皇大神宮(内宮)にて 遠い日の記憶と | TOP | 豊受大神宮(外宮)にて>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://labellavitaet.blog40.fc2.com/tb.php/1007-f00ff45d

| TOP |


07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。