オレンジのR+ //
2017.09.04 [Mon] + Art/Design +
映画『セザンヌと過ごした時間』の試写会へ

映画『セザンヌと過ごした時間』の試写会にいってきました。
知られざる、ふたりの芸術家の友情物語です。

以下の感想では、一部映画の内容にも触れますので、ご注意ください。




映画は、1888年に小説家として大成したエミール・ゾラを、いまだ目の出ない画家ポール・セザンヌが訪れるシーンからはじまります。ひさしぶりの再会を喜びつつも、どこか複雑な表情を浮かべるふたり。ふたりを包む空気にはぎこちなさが漂います。いったい、何があったのか。


ゾラとセザンヌとの出会いは少年時代までさかのぼります。ゾラはイタリア系の貧しい母子家庭暮らし。周囲から格好のいじめの的となります。そんなゾラをかばい守るセザンヌ。そのお礼にと、ゾラは籠いっぱいのりんごをセザンヌに届けました。そこからふたりの友情ははじまりました。

「いつかりんごひとつでパリを驚かせたい」。
生涯で制作した200点のうち、60点以上もの作品にりんごを描いたセザンヌ。のちに批評家から「りんごの画家」と賞賛されるほどにセザンヌがりんごを題材に選び続けたのは、ゾラとの深い友情があったのかもしれません。



Cezanne_et_moi4.jpg
ポール・セザンヌ《りんごとオレンジ》1899


セザンヌの描くりんごは美味しそうで食べたくなるようなものではなく、心奪われるようなかたちと色彩を持った美しいりんごだ。
   タデ・ナタンソン(美術批評家)



境遇は違えど、ともに芸術家となる夢で結ばれていたふたり。セザンヌに送られたゾラからの手紙には、「僕が小説を書き、君がそこに挿絵を描く。その本の表紙には、ふたりの天才芸術家たちの名が金字で刻まれているんだ」と。なんて微笑ましくも大胆な夢なのでしょう。互いの存在を励みに、切磋琢磨しあうふたり。交わされる手紙に綴られた言葉は、ときにまるで愛の告白のようにも思えるほどで。

けれど一足先にパリにやってきて、少しずつ作家として芽を出し始めたゾラと、落選を繰り返し不満を溜め込むセザンヌの間では、たびたび衝突が起こります。人付き合いが不得意なセザンヌは、次第に画家仲間の輪からも孤立していきました。

正直、この映画を見ていちばん驚いたのは、このセザンヌの人となりでした。荒々しく挑発的で、すぐに無粋なことを言い人を怒らせてしまう。気に入らないことがあればすぐにキャンバスを割り、辛抱強くつきあってくれたモデルの前で作品に絵の具をぶちまける。セザンヌの作品から、冷静で実直に物事を積み上げていく人という勝手な印象を抱いていたので、これは新鮮な驚きでした。32回ものポージングの変更にも耐えたゾラの肖像画も、本人の目の前で破り捨ててしまいます。
うん、めんどくさい人だ。笑


当時、セザンヌや印象派たちへの風当たりは厳しいものでした。マネの《草上の昼食》も「肌が青くておかしい」「女の裸を見たことがないのか」と酷評が寄せられます。そのころ新聞で評論を書いていたゾラはマネを擁護しますが、セザンヌはそれも気に入らなかったようで。「悪口を言われるだけマシじゃないか、俺は話題にすらならない」。



Cezanne_et_moi3.jpg
エドゥアール・マネ 《エミール・ゾラの肖像》1868

マネもゾラを描いています。こちらは破られていません。笑



離れても行き来し、ゾラは「きみは天才だ」といい、セザンヌは「ゾラのように描きたい」という。ぶつかり合い、語り合いながら強い絆を結んできたふたりの芸術家の間に、あるとき大きな亀裂がはしります。きっかけは1886年に出版されたゾラの『制作』でした。


『制作』

主人公は画家クロード・ランティエ。
サロンにまったく相手にされないランティエは、故郷に引きこもり制作に没頭するが、思うような結果が出せず苦悩する日々を送っていた。ランティエは次第にこころを病んでいき、孤独の中で、理想の女を描くことに取り憑かれていく。モデルとなった妻は、いつしかランティエが自分ではなく絵の中の女ばかりに魅了されていることに気づき、その絵を破棄して欲しいと懇願するが、聞く耳を持たない。ついにランティエは未完の絵の前で首をつって自殺する。



なんとも救いようのない暗い話です。セザンヌにとっては身の覚えのあることばかりで、この小説がセザンヌをモデルにしているのは明らかでしょう。

ゾラがこの小説をセザンヌに送りつけ、セザンヌから他人行儀な返信が届いて以降、セザンヌとゾラの間で手紙のやりとりは途絶えてしまいます。そこから2年後ーー。映画冒頭の再会シーンへとつながります。

なぜ自分をモデルに、あんなにも惨めな画家を描いたのか。なぜ画家を殺したのか。いちばんの理解者である君が、なぜ、なぜ、なぜ。激昂して詰め寄るセザンヌに、あれは君だけがモデルなのではない、あらゆる芸術家がモデルになっている。あれはわたしでもあるのだ、作品を生み出す苦悩と恐怖に怯えるわたし自身の姿なのだと言い返すゾラ。そしてふたりの決別は決定的なものになりました。


正直、なぜゾラが制作のモデルをセザンヌにしたのか、映画を見てもわかりませんでした。小説を読めば、セザンヌが(誤解であろうと)傷つくであろうことはわかっていたはず。ゾラはこの小説を書くことを20年前から想定していたというけれど、その本心はなんだったのだろう。


じつはこの再会シーンは監督の創作なんだそうです。《制作》発表後、セザンヌからの手紙を最後にふたりは絶縁したと言われているけれど、もしふたりがもう一度会っていたらどうだっただろうか。そんな思い付きからこの映画の構想ははじまったそうです。まあ、結局ふたりは会っても決別してしまうんですが。けれど、その”再会”にはぶつかり合うだけではない、ちいさい頃から時間をともにしてきたからそこの寄り添いもあり、流れた時間の重さを感じさせました。

友情というのは愛以上に面倒なもの、とは監督の言葉です。「人生というのは、瞬間瞬間によって矛盾する感情がいろいろと形を変えていくもの。だから、この人とはすごく近く感じるなと思うときもあれば、やっぱり気持ちが離れてしまったと思うときもある。そういう風に揺れ動きやすさの幅は愛情よりも友情の方が大きいんじゃないか」。そう、まさに!ゾラとセザンヌを見ていると、友情とも愛情とも言えるような不思議な結びつきや信頼があり、ねじれあいながらも共鳴し、それらすべてが創作の原動力となって、人生のキャンバスに彩りをあたえているのだということがひしひしと伝わってきます。



Cezanne_et_moi1.jpg
ポール・セザンヌ 《サント=ヴィクトワール山》1904


セザンヌといえば、現代美術の礎を築き、多くの画家たちに影響を与えた人物です。世界中どこの美術館へ行っても、セザンヌと出会わない事はありません。けれど、そのような正当な評価を得たのは晩年になってからの話。そこに至るまで、苦悩し葛藤しながらも、忍耐強く己の描きたいものを貫きつづける日々がありました。

この映画の原題は、‶Cezanne et moi”(セザンヌと私)。そのタイトルが示すとおり、ゾラから見た一人の人間としてのセザンヌの姿が描かれています。はたから見たら、愛想が悪く、媚びず、感情的で頑固すぎるところもあったでしょう、けれどそれがあってのいまの画家セザンヌがあるのだと深く納得するとともに、それゆえ失われてしまったかけがえのない友情があることを思うと胸が痛みました。



アーティストは一人ではなれない。たった一人でいいから、アーティストの親友が必要なんだなぁ、多分。
   片桐仁さん(俳優・彫刻家)





Cezanne_et_moi5.jpg
(C)2016 - G FILMS - PATHE - ORANGE STUDIO - FRANCE 2 CINEMA - UMEDIA - ALTER FILMS



// no tags

| 21:15 | trackback 0* | comment 0* |


| TOP |


08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示